2016年12月 9日 (金)

1986年12月9日

本日は相模原市民会館での石川秀美女史のコンサートに参加。

最寄り駅は横浜線の相模原駅。相模原駅で下車するのは初になる。
徒歩で会場となる相模原市民会館に向かう。
ゴトーの脇を通り市役所を通過、20分程で相模原市民会館に到着した。

会場で日本大学石川秀美研究会の面々と待ち合わせ。チケット受け取る。
今回のコンサートは、開催されることも日本大学石川秀美研究会会長のS氏から初めて聞いたものであり、告知もほとんどされていなかった。普通のコンサートとは違った筋のもののように感じたが、良い席で見ることができるということで、チケット確保もS氏に一任してあったものである。

19861209秀美コンサート'86チケット(表)(150dpi)

1986120986150dpi_2

いただいたチケットには、"主催:財団法人民主音楽協会"とあった。通称"民音"と呼ぶそうである。
本日のチケットの他に、12月11日の秦野市文化会館、12月13日の川崎産業文化会館のチケットも受け取った。

このチケットは"当日座席指定"ということで、別に座席券があり、座席はそちらの券で指定されるとのこと。
S氏はどこかにか話しを通していたらしく、関係者に話しをしに行き、最前列ほぼ中央の座席券を持って戻ってきた。

19861209秀美コンサート'86座席券(表)(150dpi)

会場となってホールに入る。小生ら一行が指定された座席は本当に最前列中央であった。
開演時刻も近づき、振り返って客席を見回すと、1,200人余定員のホールはほぼ満員となっている。お年寄りや子供連れの方など、客層が明らかに普段と違う。親衛隊の姿も見えず、小生ら10名に満たない人数で会場を盛り上げるのは、大成建設の園遊会のとき以上に困難なような気がする。

「LOVE COMES QUICKLY~霧の都の異邦人~」
で開演。
盛り上がる曲で小生らは立ち上がるがあとに続く者はいない。後ろからの視線が背中に突き刺さるような気がする。

途中、NAO&NOBUの高橋伸明氏がゲスト出演し、和やかな空気を演出する。

しかし、石川秀美女史はロック指向。会場が盛り上がってナンボという意識があることは明白。最前列中央の席を用意された小生らは会場を盛り上げる努力をする義務がある。

アンコールの頃には小生ら以外ににも立ち上がる客がいたが、総立ちにはほど遠い。
最前列であったが、あまり楽しめないコンサートではあった。

演奏曲目は以下のとおり

「LOVE COMES QUICKLY~霧の都の異邦人~」
「CHASING SHADOWS~退屈なダンス~」
「野生の白(ブランシュ)」
「BANDAGE」
MC
「ゆ・れ・て湘南」(NEW VERSION)
「涙のペーパームーン」
「スターダスト・トレイン」
「バイ・バイ・サマー」(NEW VERSION)
MC
「夢の中の二人」with高橋伸明
「ヴィーナス」with高橋伸明
MC(コカコーラの歌を歌う)
(曲名不明)
「危ないボディ・ビート」
MC
「春霞恋絵巻」
「BE BOP JUNGLE」
「SHOOT SHOOT」
「Get Away」
「サイレンの少年」
 MC(バンド紹介)
「ミステリー・ウーマン」
「郷愁(ノスタルジア)」
「TONIGHT IS FOREVER」
アンコール
「愛の呪文」
「Sunday’s Park」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

1986年12月6日

本日は、NHK放送センター行われるNHK-FMの番組"新春サウンドスペシャル"の収録に参加。

今回の件は、日本大学石川秀美研究会会長のI氏を通し持ち込まれたものである。詳しい経緯はうかがってはいないが、石川秀美女史の盛り上げ隊が必要な制作サイド若しくは事務所と、当方の利害が一致したとのことなのであろう。
今回の収録は、石川女史単独出演ではなく、本田美奈子女史、C-C-Bも出演ということで、現在の動員力からすると、何も手を打たねば石川女史の出演時だけ観衆が凍りつくという事態もあり得るところである。
以前なら石川秀美親衛隊が一手に引き受けていた役回りであろうが、サイン・握手会は減少、ホールコンサートがなくなり、ライヴハウスではコール・統制の出番が無いという状況では、親衛隊の動員力が減少することは必然。10人弱の動員力ではあっても、日本大学石川秀美研究会に声がかる余地が生じたといところであろうが、実際に会場内に座席を用意させてしまうという、I氏の交渉力には舌を巻くばかりである。

16時にBebe赤坂前に集合ということで、みふねビルに行くために利用するお馴染みの駅である赤坂見附駅下車、地上に上がればすぐに待ち合わせ場所である。

地下鉄で渋谷へ移動し、NHK前につく頃には夜になっており、入口がわからずしばし彷徨。井の頭通り側の西口から入館することが判明。

日本大学石川秀美研究会会長のI氏が交渉に出向き、魔法の呪文を唱えたかのように入館でき、会場の102スタジオに通された。VIPにでもなった気分である。
スタジオ内は、ステージが組まれ、椅子が100人分ほど並べられている。小生らにはステージに向かって左側前方の席が容易されていた。

せっかくNHKのスタジオ内にはいったことでもあり、後学のためトイレを利用しておくことにした。
用を足していると、後から一人入ってきて隣に立った。去りぎわに見やるとそれはC-C-Bの関口氏であった。
そうか、C-C-Bも出演するのか。そう思いながら客席に戻り開演を待つ。

開演。一人目は石川秀美女史。

親衛隊の統制と共に、
「Carry on!~走り続けて~」
人数が少ないながらも頑張る親衛隊。

そして。

MC
あけましておめでとうございます。
今年もはりきって、ライヴハウス、コンサートにがんばって、行きたい。
去年二十歳になった。自分の意見を出し楽しくやっていきたい。
みなさんも良かったら体を動かして運動していってください。

「LOVE COMES QUICKLY~霧の都の異邦人~」
「Chasing Shadows」

MC
盛り上がっている女の方たちがいて安心した
「LOVE COMES QUICKLY」はLPの中からシングルカットされた。Pet Shop Boysに作ってもらった曲。すごく難しい。マイクを持っている手が震えているのが自分でわかってよけい緊張した。こういう難しい歌も今年は歌えるようにがんばっていきたい。

「危ないボディ・ビート」

MC
バックで盛り上げてくれいてるバンドのみなさんを紹介したいと思います。
ドラム ショウ
ちょっと地味なんですけど頭は派手にしてるんでライトを当ててあげてください。派手なんだけどもオヤジ。
キーボード ゴンくん
ギター まさひろ
キーボード 鶴ちゃん
ギター ミッシェルと呼ばないで岡澤
コーラス チャカちゃんえみちゃん
オオゴトさん ベース
歌っているのは石川ですよろしくお願いします。
あと2曲ラストスパートでがんばりたいと思います。

「サイレンの少年」
「ミステリー・ウーマン」

MC
どうもありがとうございます。続いては本田美奈子さんのステージでお楽しみください。


という流れで石川女史の出演部分は終了。

親衛隊の統制とともに
「1986年のマリリン」
に続くという内容。

盛り上げ隊としてはここで出番終了。「LOVE COMES QUICKLY~霧の都の異邦人~」以外は盛りあがる曲ではあたが、会場総立ちにはならなかった。

本田美奈子女史の後はC-C-Bが出演。

楽しませていただいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

1986年11月29日

本日は"オリコン・ウィークリー"誌主催のイベント"第12回君こそ評論家!"に参加。

16時開始。
今回も最前列の席は確保できず、左端2列目の席を確保。

司会者は恒例の古川治氏と石川誠壱氏に加え、★西氏こと、西久保秀文氏を加えた3名。極一部で"ザ・メッセージ"はまだ出ないのか突っ込みが入る。

本日はゲストは来ないとのこと、視聴と感想記入を繰り返すうち、ビクター音楽産業の本松と名乗る者が現れ、水谷麻里女史と、The Good Byeの曲の宣伝をして去っていった。その後、参加していたロドリゲス高橋氏が呼び出され、古川氏、石川氏からインタビューされるというかたちと相成った。

全員でジャンケンによるプレゼント配布の閉会。

小生はその後、19時から芝パークホテルで開催される某OB会に参加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

本田美奈子 バイクの自賠責保険チラシ

今回紹介する品は、本田美奈子女史の自賠責保険のチラシである。

B5版のコート紙に片面カラーグラビア印刷となっている。

チラシ中には制作年は記載されていないが、おそらく1985年製。
"9月1日より「無保険(無共済)バイクをなくそう」キャンペーンを実施中"との記載がされていることから、8月頃から配布されていたものと思われる。

本田美奈子_自賠責保険チラシ(150dpi)

"本田"→"ホンダ"→"バイク"との連想で、バイクの自賠責保険チラシのモデルに選ばれたのかと思いきや、チラシのイラストがヤマハのバイクに見えるのは気のせいだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

1986年11月24日

本日は、東武動物公園で開催される石川秀美女史のミニコンサーに参加。

午前8時30分、北千住駅東武伊勢崎線ホーム前の方で日本大学石川秀美研究会の面々と待ち合わせ。
東武動物公園駅下車。東武動物公園駅に降り立つのは初である。。
徒歩で東武動物公園に向かうと斬新な意匠の小学校の校舎が目に入る。小生的には"やっちまったな"という印象だが、子供にとっては楽しい校舎なのかもしれない。

入場券を購入。1,000円成。

19861124150dpi

19861124150dpi_2

入場ゲートから園内を通りハッピーオンステージに直行。
一団で、ステージ向かって左側前目の座席を確保した。

今回のイベントは2回まわし。
1,000円で生バンド付きのステージを2回見ることができるのは、お得と言える。

1回目のステージ。
石川女史はステージ上で客席を煽ろうとするが、客席中央部付近は、写真撮影目当ての者たちが占拠しているため、ノリは悪い。小生たちは、煽りに乗って立ち上がるが、つられて立ち上がる者はあまりおらず、煽りも空回り気味である。
小生などは小心者なので、後ろで写真撮影をする者の迷惑ではないかと気になり、楽しめない。
周囲が暗ければまた違うだろうが、昼間の写真撮影可能なイベントでは、総立ちとなるようなライヴは望むべくもない。

1回目の2回目の合間の時間、園内のアトラクションに乗ろうということになり、何の因果か野郎同士でお化け屋敷に入ることになった。カートに乗って屋敷内連れ回される形式のお化け屋敷である。小生は怖いとは感じなかったが、同乗した日本大学石川秀美研究会K氏はかなりの怖がり具合であった。他の者も、それぞれアトラクションでそれなりに楽しんでいる様子であった。

2回目のステージ。
1回目と同じ構成である。1年振り聴く「ゆ・れ・て湘南」。変わらないかつての曲に、変わろうとする石川女史、変わっていく自分の心。涙が出た。
そのような心のうちは悟られてはいないだろう。まだ石川女史ファンでいることはできるので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

1986年11月23日

本日は、東京大学駒場校舎の学園祭で開催される、東京大学歌謡曲研究会の主催のイベントに参加。

出演者は清水香織女史と、佐野量子女史。
清水香織女史はIQ148という触れ込みであり、前年、東大生が選ぶミスアイドルコンテストのグランプリに選ばれている。そういった流れでの出演であろう。ちなみにIQ148が田中ビネー式での数値だとすると、3σに相当する"それらしい"値である。ただし2000人中3人程度はいるので対してそれほど稀少ではない。
一方の佐野量子女史どういう経緯で選ばれたのか不明であるが、歌謡曲研究会主催のイベントで出演者の決定方法は、往々にして担当者の趣味でしかないので、会員のなかのえらいひとが佐野女史のファンだったのであろう。ただし、二人には、静岡県富士宮市出身という共通点はある。

小田急線東北沢駅から徒歩で東京大学駒場校舎に向かう。開かずの踏切を渡り宇宙研の前を通過、上原二丁目で右折してみたが、左側にある東京大学駒場校舎には入れそうにない感じであったため、引き返し、正門から入る。

本日のイベントの会場は敷地内西端に近い校舎の1階、203号教室。10時過ぎに会場に到着するが、同好の士は数名程度であった。会場待ち時間に周囲の会話に耳をそばだてていると清水香織女史のファンより佐野量子女史のファンのほうが多い様子である。

開場し入場する。椅子付きの机が並ぶ教室内にステージが設けられ、黒いカーテンで外光が仕切られている。カメラを持って来ているが、写真撮影には厳しい環境。

開演時刻が近づくと、人が増えてくる。佐野女史はここ東京大学のイベントの前に、よみうりランドでの"キラキラサンデー"のスケジュールが入っており、そちらから流れて来た者もいるのであろう。

15時開演。

まず清水香織女史のステージ。シスターの衣装でないのが少々残念。
ステージは1人づつで、2人が絡むコーナーはなさそうである。
ステージが始まると、教室の照明がすべて落とされ、ステージ上のみ照明が当たる演出となった。

19861123清水香織1

新曲「26時のシンデレラ」を披露。
この衣装は「26時のシンデレラ」のステージ衣装のようである。

19861123清水香織2

引き続き佐野量子女史のステージ。

198611232佐野量子

初めて見る衣装なので、新曲「夢からさめない」のステージ衣装であろうか。
「夢からさめない」を聞くのも初であった、なんとも薄幸そうな曲である。

佐野女史のステージで印象に残ったのは、
東京大学学生の司会者の、
"東大に来てみての印象はどうですか?、今まで暗いなどというイメージはありませんでしたか?"
という質問に、"ええ、今日は外でやると思ってましたから"と答えたところ。
東京大学生のツボにはまったのか、会場は大ウケだったが、本人はなぜウケたのかわからず釣られ笑いをしていた。確かに、ステージ上からは客席が暗く見えたのであろうが。

ということで、佐野女史にボケの才能があることを確認できた日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

1986年11月21日

キクイチミュージックセンターダイヤモンド地下街店のK店長に、11月21日に長山洋子女史が挨拶回りに来店するから、一緒の写真を撮ってやるので来ないかと誘われ、誘われたからには断るわけにもいかない、本日店に行く約束をしたのであった。
ダイヤモンド地下街から岡田屋モアーズへの通路から店を見通してみる。告知されているイベントではないためか、ファンとおぼしき人は誰もいない。店内に入り店長に最近の芸映プロダクションの話を聴きながら時間をつぶす。

K店長が言ったとおり長山女史はやってきた。特に話すこともないため、挨拶回りにの様子を横で見ている。
一段落ついて、K店長に写真を撮るから並んでということになった。店に置いてある発売されたばかりのオリコンウィークリー誌の表紙が長山女史だったので、表紙にサインをいただき"オリコンと一緒"コーナーに送る写真でも撮ろうかと、並んで、撮影していただいたが、小生がオリコンウィークリー誌を持ったままだったのは失敗だった。長山女史単独でオリコンウィークリー誌を持ってもらって一枚。なにも持たずに二人で写るのが一枚。とするべきだった。と思ったが後の祭り、長山女史は次の店に向かった後だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

森恵「微熱に抱かれて」発売告知チラシ

今回紹介する品は、森恵女史2枚目のシングルレコード「微熱に抱かれて」発売告知のチラシである。

B5色上質紙の片面に複写機で印刷されたものとなっている。
会員番号のみ手書きである。

1986年7月5日の森恵女史のイベント参加者に対し、SMSレコードから送付されてきたものである。

森恵「微熱に抱かれて」発売告知チラシ(表)(150dpi)

イベントに参加したのみで、会費は払っていないにもかかわらず、会員証の発行、会員専用電話等、ファンクラブ的なサービスが提供されていた。
ただ、会員証については、このチラシでは"発送がおくれている"との告知なされているのではあるが、最終的に送られてきたのか?、この記事を書いている時点では該当する"会員証"は発掘はされていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

1986年11月3日

本日は、日本大学生産工学部の学園祭で開催される石川秀美女史のコンサーに参加。

午前8時35分に西船橋駅で、日本大学石川秀美研究会の面々と待ち合わせ。
船橋駅で下車、京成船橋駅まで走り京成電鉄に乗り換え、京成津田沼駅で各駅停車に乗り換え京成大久保駅下車。
京成大久保駅で下車するのは初になる。改札を出で右折し直進1km程で、目指す日本大学生産工学部津田沼校舎の正門に突き当たる。学園祭期間中でもあり、そのまま校舎敷地内に入ることができた。

パンフレットを入手。

19861103日本大学生産工学部’86泉祭 パンフレット(表1)(150dpi)

会場となる体育館の場所を確認。体育館は校舎敷地内の最奥となっており、他の模擬店、展示等には目もくれず、まず体育館を目指す。すると敷地内は思いの外狭く、2分もかからず体育館前に到着した。

会場入口前、入場待ちの人はほとんどおらず少々拍子抜け。こういうところでも、石川女史の人気が落ちていることを実感する。

入場待ちの場所を確保することができたので、パンフレットを改めて見直してみると、今回のコンサートの紹介が2ページにわたり掲載されていた。

19861103日本大学生産工学部’86泉祭 パンフレット(P16)(150dpi)

19861103日本大学生産工学部’86泉祭 パンフレット(P17)(150dpi)

「SHADOW SUMMER」の宣材写真を使用している。
この記事によると、入場整理券を配布ずるとのこと。はたして、しばらく待つと入場整理券が配布された。しかしながら、パンフレットを見てもめぼしい展示等は見つけられず、結局体育館前で開場を待つ。

最初ほとんどいなかった入場待ちの者たちも、開場の時刻が近づくにつれ次第に増えてきた。
そして13時30分開場の時刻。なんだか様子がおかしい。入場待ちをしている我々の横を、屈強な男性たちが素通りして、体育館内に入っていくのだ。そして我々が入場してみると、前5列ほどの席を先程の屈強な男性たちが既に占拠していた。

これに憤慨したのか、日本大学石川秀美研究会会長のS氏は、責任者に掛合いに行ったようだ。しかし同じ日本大学といっても、校舎が違うと別の大学のようなもの、為す術なく帰って来たようであり、小生たちは屈強な男性たちの後ろへと配置された。

結局のところ、このコンサートは、屈強な男性たちのために開催するイベントなのだと理解した。入場料を払っているわけでもないため、我々としても文句を言うわけにもいかない。郷にいれば郷に従えである。

14時30分開演。
構成は10月10日のよみうりランドのイベントと同じと思われる。
前方の屈強な男性たちもそれなりに楽しんでいる様子であった。

小生はというと、ここではさすがにいつもライブハウスでしているように、オールスタンディングになった瞬間にステージ前まで突入ずるわけにもいかず、(突入しても屈強な男性たちに排除されてしまうであろう)少々不完全燃焼ではあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

1986年10月25日

本日は"オリコン・ウィークリー"誌主催のイベント"第11回君こそ評論家!"に参加。

今回は最前列の席は確保できず。

司会者は恒例の古川治氏と石川誠壱氏。

ゲストは長山洋子女史であった。
10月21日にシングルレコード「ヴィーナス」を発売したばかりの彼女。紙を切ったこと、マハラジャの成田社長がレコードデビューしたことなどが話題に。"マラハジャで10時と12時に流れますので、行ってください"とのことであるが、ここに集うような者たちがマハラジャに行くのかは疑問である。

長山女史が退場し、通常の新曲試聴会となったと思われたところ、古川氏のもう一人ゲストを呼んでいるとのこと告知に会場がどよめく。

もう一人のゲストは佐和里美女史であった。

観客の前に出るのは今回が初めて、ドラマ「な・ま・い・き盛り」に出演している、11月21日に「ウィンディ・ウインク感じて」が発売される。目標としている歌手が中森明菜、目標としている女優が、石原真理子、藤谷美和子、桃井かおり。というようなことをが話題となった。「ウィンディ・ウインク感じて」も流れ、元気の良い曲といった印象だった。

その後恒例のプレゼント配布のためのジャンケン大会の後閉会。

イベントとしての成熟してきた感がある。新曲を聴いて批評する、という当初の目的から次第に離れている気がするが、参加する方としては問題無し。古川氏のやりたいようにやるのが良いのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«“EARTH ARK Little Communication in BUDOHKAN”ビデオチラシ