2018年1月16日 (火)

1988年1月16日

本日は、有楽町日立ヤングプラザにおける、文化放送"日立ハローサタデー"の公開生放送に参加。

JR有楽町駅から徒歩で有楽フードセンターへと向かう。

近頃、佐野量子女史などの優先度の高いイベントが無い日は、とりあえず有楽町へ行ってみる、という行動が定番となりつつある。


本日会場に集った者は、オリ通寄稿士のペンネームそれぞれ"JVCの周美今日"、"大谷渚"の各氏の他、M高校OBの"AT"氏。


なお、本日の出演者は、長山洋子女史と、勇直子女史。

長山女史は1月12日に発売された「反逆のヒーロー」
勇女史は1月21日に発売される「ラスト・パラシュート」

の販促を兼ねた出演ということであろう。

特に勇女史は、前作「Boom Boom Boom」が1987年5月21日発売なので、久々の新曲である。
ファンのかたからすれば、待ちに待った新曲になる。

公開生放送終了後、有楽町駅から帰途についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

1988年1月15日

本日は後楽園けやきステージで開催される文化放送の公開録音に参加するため、
秋葉原駅から徒歩で神田川をたどり、飯田橋までやってきた小生。
本日の出演者は、仁藤優子女史。
仁藤女史の喉の具合を確かめるためという意味合いもある。


新年の後楽園けやきステージでのイベントには、昨年も参加しておりおり、今年も、昨年と同様のイベントが開催されるというわけである。


外堀通りから後楽園の敷地に入り、けやきステージに到着。
けやきステージの舞台後方には"迎春"と書かれた板が据えつけられ、正月気分をかもし出す。

舞台向かって右に掲げられら看板によると、本日の公演は、13時及び15時の2回まわしとなっている。
これは昨年と同様である。

会場で出会ったのは、オリ通寄稿士はペンネームそれぞれ"渡辺洋"、"きっぱら一人"、"JVCの周美今日"の各氏。

肝心の仁藤女史の喉は、一時期よりは良くなってはいるようであるが、デビュー当時の状態にはほど遠いといった状態であった。

そのような喉の状態を反映してか、披露された新曲もマイナー調のもの、歌い上げる、といった感じの曲ではなく、今さら、デヒュー時の声を求めても、仕方ないのかもしれないが、なんとも残念なことである。

イベント終了後、徒歩で神田駅まで出、帰途についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

1988年1月9日

1988年の初参加イベントは、有楽町日立ヤングプラザにおける、文化放送"日立ハローサタデー"の公開生放送であった。

出演者、伊藤智恵理女史と、白田あゆみ女史。

白田女史は、特にアップライトミュージック所属のということで、佐野量子女史の専門ミニコミ誌"おれんじ★てぃー"発行人のOM氏と関連が深い。

会場には、おそらく"あゆみプロジェクト"のえらい人であるAT氏も来ていた。

オリ通寄稿士(←今年からこの記述とする)の"大谷渚"、"渡辺洋"の各氏、そして"るなちっく♡うぇる"氏まで来場していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

1987年12月26日

渋谷で忘年会。

会場は日本橋亭。
参加者は、オリコン通信常連投稿者のペンネーム"GPZ-250"、"ナハ78 705"、"JVCの周美今日"、"渡辺洋"、"スイク2ミトカイ"、"西克治"、"PINK TANK"の各氏、オリコン通信常連投稿者以外では、"知美ちゃん新聞"の編集発行人TT氏、M高校OBのAT氏などであった。

19871226

宴会終了後、渋谷駅で解散となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

1987年12月21日

本日は、芳本美代子女史の"87MIYOKO.SPECIAL.LIVE"があるということで、営団地下鉄表参道駅までやってきた小生。

会場となる、南青山のハナエモリビル前に到着はしたのだが、あまり気乗りせず、夜の表参道の街でどうしたものかと逡巡していると、オリコン通信常連投稿者のペンネーム"西崎知紀"氏がやってきた。
さすが"芸映フリーク"を自称する西崎氏である、

小生も西崎氏にと共に入場することとした。

会場はハナエモリビル5階の"ザ・スペース"である。

19871221_87MIYOKO.SPECIAL.LIVE_リーフレット(表)(150dpi)
19871221_87MIYOKO.SPECIAL.LIVE_リーフレット(裏)(150dpi)

アルバム『I’m the one』の収録曲を中心とした構成であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

1987年12月12日

本日は、川崎岡田屋モアーズで、ニッポン放送の“モアモア歌謡センター”の公開生放送を観覧。

出演者は、PanpKinの2名と、我妻佳代女史。

オリコン通信常連投稿者のペンネーム"西崎知紀"、"渡辺洋"、"スイク2ミトカイ"の各氏も来場.していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

1987年12月11日

本日は、ニッポン放送の"ロッテヤンスタNo.1"の公開録音に参加の予定である。

"ロッテヤンスタNo.1"は、ニッポン放送本社の"ラジオハウス銀河"、通称"銀河スタジオ"で収録される。
入場には"御招待券"が必要であるが、本日は、オリコン通信常連投稿者のペンネーム"西崎知紀"氏から"御招待券"をいただいていた。

開場は17時30分。
開場前から、前出オリコン通信常連投稿者のペンネーム"西崎知紀"氏の他、同ペンネーム"渡辺洋"なども集まり列を作る。

余った"御招待券"の受け渡しも行われており、小生くらい知人がいる者であれば、"御招待券"を持たずともこの場に来さえすれば余った券を融通してもらい入場することはできそうである。


19871211ロッテヤンスタNo.1御招待券(裏)(150dpi)

19871211ロッテヤンスタNo.1御招待券(表)(150dpi)


入場が開始されると、列が動きだす。
"ラジオハウス銀河"までは階段を昇って移動する。


"ラジオハウス銀河"に入るのは初である。
開け放たれた扉からスタジオ内に入ると、内部は左右に広い楕円状となっており、中程に、椅子が並べられていた。
並べられた椅子の前方部分は、何も置かれておらず、向かって左に寄りに置かれた机が、司会者、出演者の席のようである。

場慣れした者が多いのであろう、列がスタジオ内に入っていっても、混乱もなく、整然の椅子が埋まっていく。


全員の入場が終わったところで、こういった公開録音番組では恒例の、前説が始まる。

拍手は強く細かくである。


やがて司会者のキッチュ氏と嘉門達夫氏が登場。収録の準備が整った。


番組オープニング曲が流れ収録開始。
本日のゲストの紹介。
芳本美代子女史、大西結花女史が登場。
小生が、芳本女史を見るのは8日目、大西女史のほうは9日目となる。


まずゲストが2名が登場したということは、2本録りということであろう。

番組は、トーク部分を収録し、一旦休憩。
歌の部分は、観客席前方の、空いている場所で生歌を歌い、別に収録。
歌の収録の際にNGが出た場合は再テイクとなるようである。テイク2を観ることができたら運が良かったのかもしれない。


2本録り2本目のゲストはStepとA-Cha。


この"ロッテヤンスタNo.1"では、スタジオ内で生歌を聴くことができる。平日の夕方開始というのが難点ではあるが、良いイベントであると感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

1987年12月10日

本日は、"第7回川崎市民のつどい"に参加するため、ここ、川崎にやってきた小生。
会場は川崎市立労働会館。
以前、川崎産業文化会館でのイベントには参加したことがあるが、川崎市立労働会館に入館するのは初となる。

川崎駅から徒歩で競馬場方面に向かい、川崎産業文化会館、川崎競馬場を通りすぎた先に、本日の目的地、川崎市立労働会館があった。

現地で、"知美ちゃん新聞"の編集発行人TT氏、スタッフNM氏、オリコン通信常連投稿者のペンネーム"西崎知紀"、"神谷ちかを"の各氏らと合流し会場を待つ。

会場。

こういった地方公共団体関連のイベントの場合、会場前方に関係者席が設けられていることが多いが、今回は2列目の席を確保することができた。

本日のパンフレットも入手。

19871210第7回川崎市民のつどいパンフレット(表1-4)(150dpi)
19871210第7回川崎市民のつどいパンフレット(表2-P1)(150dpi)"

パンフレットには、本日の次第も掲載されていた。

第1部 式典
あいさつ:川崎市長 伊藤三郎
心身障害者表彰
障害をもって、今思うこと:小野寺章彦

第2部 アトラクション
出演
うた:西村知美
コント:山口君と竹田君

となっている。

小生らのお目当ては、西村知美女史の"うた"である。


18時30分に式典開始。
次第どおり粛々と進行する。

第2部は次第とは少々異なり。
ダーク大和氏のマジック、
コント山口君と竹田君のコント、

その後19時50分頃から西村女史の"うた"のコーナーとなった。


「ポケットに太陽」

どうもありがとうございました。こんばんは、西村知美です。今日は川崎市民のつどいに呼んでいただいてほんとにありがとうございました。今日は一生懸命歌いますので楽しんでいってください

「初めまして 愛」

どうもありがとうございました

司会:今日は知美ちゃんから障害者の皆様へ花束をということなんですが、代表してさきほど発表をされました小野寺さんに受け取っていただきましょう

(花束贈呈、握手)

司会:川崎は初めてなんですか?

いいえ、何度も来てます

司会:出身はどちらなんですか?

山口の宇部市です

司会:山口の今頃の気候はどうなんですか?

雪は降ってないですけど

司会:今、高校2年生…

はい、高2に見えなくて中学生くらいに見えますけど

司会:今、試験中ということで…

今日までだったんですよ。今日やっと終わって、今日は英語演習1教科だけだったんです。英語は全然ダメで…

司会:今日は学生の方もたくさんいるでしょうけど、勉強は何が得意?

けっこう、日本史とか…

司会:これからはまたお仕事に専念しなければなりませんねぇ…

「風の砂丘」

司会:もうすぐ今年も終わりですけど、今年はどんな年でしたか?

去年デビューして2年目で、そんなに変わらなかったんですけど、とにかくまだ仕事とか慣れなくて、不安とかもあったけど、楽しい年でした。いろいろ経験できてよかったです

司会:アルバムが今月の16日に出ると…

はい、『ウインター・ワンダーランド』って言って、ベストアルバムなんですけど、今までの曲と、あと2曲新しい曲、クリスマスソングが入ってるんですよネ。それとビデオが、今年のお正月にニュージーランドに行ってきたんですけど、これは予約した人だけで、残念ながらもう買えないんですよ

「想い出の冬休み」

どうもありがとうございました

司会:冬休みの予定は?

いろいろと仕事があってお休みできないんです、お正月は。ポスター撮りとかCF撮りとかあってお休みできないんです

司会:もしヒマがあったら何をしたい?

友達と遊びたいですねぇ

司会:ウインター・スポーツなんかは?

できません

司会:じゃあ、夏のスポーツは?

テニスを、クラブでやっていて…でも、今は全然…

司会:それではここで質問コーナーです
誕生日は何が欲しいですか?

そんな、もう…

司会:まず、一番欲しいものは?

…思いつかない。気持ちだけでいいです。去年もたくさんいただいたんですよ

司会:ベストテンでおまじないをやっていましたけど、もう一度教えてください

私がちっちゃい時からやっていたのが、サイフにヘビの皮を4つ折りにして入れておくとお金がたまるというおまじないで、田舎の方にいたからヘビの皮あったんですよ。まあ、気持ちの持ちようですけど。あと、恋がみのるのがあって、紙にアイアイ傘を緑色のマジックで相手の名前と自分の名前を書いてお守り袋に入れておくと、恋がみのるというおまじないですね。それから、そうですねぇ…。女の子たちもいますので、ラブレター出したい時にいつも使うリップクリームを封の所に塗ると1週間以内にいい返事が来る、というのがありますけど…。中学校の時にはやってたんですよねぇ…

「風のプティ・ブーケ」
「見えてますか、夢」
「シンフォニーの風」

20時30分終了
という内容。

小生が今まで参加した西村女史のコンサートは、西村女史の1年目のテーマ"夢"のごとく、眠くなるような内容であったが、今回のイベントは、「シンフォニーの風」のような爽快の曲も加わったことで、かなり盛り上がることができた。
また、司会のかたもいたとはいえ、MCも格段に上達していると感じた。

2列目という至近の席で観ることができたこともあり、好印象のイベントであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

1987年12月6日

本日は佐野女史のNTTテレホンカードキャンペーンの一連のイベントの最終日となる日である。

浅井企画から得た情報によると、
13時30分から池袋サンシャインシティ
16時から西友大森店

と、2か所でイベントが開催されることとなっている。

最も早く池袋に到着できる公共交通機関を使い、まずは、池袋に向かう小生。

サンシャインシティでのイベント会場といえば、アルパ噴水広場というのが相場である。
噴水広場に到着したのだが、イベント開始を待っていると思われる者は誰もいない。

いかに8時前とはいえ、誰もいないわけはないので、会場は噴水広場でないと判断。
サンシャインシティでは他に文化会館、プラネタリウムなどのイベント会場があるが、やはりイベントの気配はない。
結局、地下1階から3階までが吹き抜けとなっている噴水広場の、吹き抜け横の1階の一部分に架設の舞台が設置され、そこが会場となっていた。架設ということもあり、噴水広場のように椅子は設置されておらず、床に直に座る形式の会場である。

朝から、佐野女史の動員力のなさを痛感させれた一件ではあるが、本日の会場はすでに舞台前の部分は場所取りがされており、少し後ろの部分しか空きはなかった。

これだけ場所取りする者がいるのなら、噴水広場で開催すればいいものを、とも思ったのだが、この仮設の会場のほうが、結果的には舞台までの距離が近いので、良しとしよう。


13時30分、司会の女性が出てきてイベント開始。

19871206NTTテレホンカードキャンペーン@サンシャインシティ1階_佐野量子

1曲めは、
「少女がページを閉じる時」

今までのテレホンカードキャンペーンでは1曲目は「4月のせいかもしれない」だったので、3曲歌うのであろうかとも期待する。

その後、ジャンケンによるプレゼント。

「レタスの恋愛レポート」

とで、イベント終了。

結局歌は2曲であった。


次の会場である大森へ移動。
撮影機材を片づけている知人を待っていると、
床に、撮影済のネガフィルムが落ちていることに気付いた。

周囲の者に聞いたのであのが、誰も持ち主がいない。
おそらく佐野女史を撮影したフィルムであろう、このフィルムは小生が救出することにした。


山手線、京浜東北線と乗り継いで大森駅に到着。大森駅に降り立つのは初になる。
西友大森店は大森駅の東側、駅を降りてすぐの場所にあった。

大森といえば博多家であるが、本日は寿司をたべている余裕はない。

まずは、会場の確認である。
入口横に舞台が設置されていたので、会場はすぐわかったが、こちらも舞台前の場所はすでに取られており、あまり良い場所で見ることはできそうもない。


イベント会場を確認した小生は、NTT大森電話局に向かった。

あらかじめ、NTT大森電話局の広報担当者に連絡を取って、販促グッズなどをわけていただける算段をつけておいたのであった。
NTTテレホンカードキャンペーンも本日で終了ということもあり、狙いどおりである。

西友大森店からさらに東に進み、次の交差点を渡ったところにNTT大森電話局があった。
担当者を呼んでいただき、販促グッズ、のぼり、のれん、卓上用の吸盤付きの小型のぼり、紙製のオペラグラス、相性チェックカード、ちらし、などなどを大量にいただき、お礼を言って、NTT大森電話局を辞してきた。

西友大森店に戻ってくると、駅前を広告宣伝車が走っていた。

19871206NTTテレホンカードキャンペーン広告宣伝車

この広告宣伝車を見るのは初であった。

16時イベント開始。

小生の立ち壱は後ろろのほうで、佐野女史の姿はかろうじて見えるという状態。

19871206NTTテレホンカードキャンペーン@西友大森店_佐野量子1

1曲目は
「4月のせいかもしれない」

先程の池袋とは曲が異なっていた。

そしてジャンケンによるプレゼント。

「レタスの恋愛レポート」

と歌いイベント終了。

その頃には、あたりはすっかり暗くなっていた。

19871206NTTテレホンカードキャンペーン@西友大森店_佐野量子2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

1987年12月5日

本日は、川崎岡田屋モアーズで開催されるニッポン放送の"モアモア歌謡センター"の公開生放送の観覧。

例によって開店前に一階入口に待機。
開店と同時に階段を駆け上がり、7階のニッポン放送のサテライトスタジオの席を取る。
本日は座席取りの競争率が高めであった。

出演者は、佐野量子女史、水谷麻里女史、山瀬まみ女史の3人。モアモア歌謡センターで3人の出演は珍しく、競争率が高くなるのは仕方のないところである。


早くから会場入りしている佐野量子女史関係の知人に加え、
収録開始時刻が近づくと、
オリコン・ウィークリーの常連投稿者の、それぞれペンネーム"西崎知紀"、"渡辺洋"、スイク2ミトカイ"、"西克治"氏らが集合。

音合わせの後、16時30分から収録開始。

水谷女史の「メビウス天国」

佐野女史の「レタスの恋愛レポート」

ゲームコーナー

山瀬女史の「可愛いゝひとよ」

の順に進行。

佐野→ボケ
水谷→意味不明
山瀬 →叫ぶ

といった内容で、今年一番の大笑いをした収録となった。

その後小生は、佐野関係、オリコン通信関係、いずれの知人とも分かれ、某OB会へと向かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«1987年11月29日