« 水谷麻里 「21世紀まで愛して」下敷き | トップページ | 1985年4月28日 »

2015年4月27日 (月)

1985年4月27日

ゴールデンウィークの初日となる土曜日。
芳本美代子女史の、芸映の新人歌手の恒例行事となっている東海道キャンペーンの初日。
この日は日本橋三越でイベントをこなして、2会場目がサンテラス戸塚。小生は戸塚イベントに参加することして会場に向かうのであった。

サンテラス戸塚には一度行っているので、今回は迷わず駅から直行。
今回は、店舗正面入口横に特設ステージを設置してのイベント。確かに、店内のサテライトスタジオでは収容人員が不足するであろう。
さすがに芸映一押しの新人ということもあり開始前からかなりの人出。そこに日本橋三越組から流れて来た方々が加わるり、ステージ前はイベント開始前からかなりの人だかり。そのころには小雨が降り出して一般客の足は一瞬引いてゆくのであるが、熱心な方々はそのまま待ち続けている。小生はしばし避難。

16時30分にイベント開始。ステージは屋根がないため、芳本美代子女史は濡れながらの歌唱。

19850427

小生は、店舗入口の屋根の下で鑑賞、といきたいところであったが、通路となっているため係員が常駐し、滞留していると追い出されるため、会場を移動しながら鑑賞。そのためイベント内容はあまり覚えていない。
抽選会で腕時計が当たったことで舞い上がっていたのかもしれない。

握手会・サイン会は、レコード購入者のみ参加できること通例であるが、今回は会場でファンクラブの入会申し込みを受け付けており、その場で入会した者も握手会・サイン会参加できるということだったので、今回はレコードを購入せず、ファンクラブに入会し、握手会に参加してきた。

19850427芳本美代子サイン色紙@サンテラス戸塚(150dpi)


芳本美代子女史は、ゴールデンウィーク中、東海道を西方に向けたどりながら、キャンペーンを重ねていくこととなるのであった。

|

« 水谷麻里 「21世紀まで愛して」下敷き | トップページ | 1985年4月28日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32456/61491655

この記事へのトラックバック一覧です: 1985年4月27日:

« 水谷麻里 「21世紀まで愛して」下敷き | トップページ | 1985年4月28日 »