« フリーの道選んだ息子に心配と期待 | トップページ | 1985年10月24日 »

2015年10月13日 (火)

1985年10月13日

秋晴れの日曜日。横浜そごうに向かう。
12時から屋上で石川秀美女史のステージがあるので、まず屋上に直行し場所取り。

ステージ後ろには“石川秀美とファンの集い”と書かれた看板が掲げられているが、時期的には「愛の呪文」 のキャンペーンとなる。看板の下には「愛の呪文」 発売告知ポスターも貼られている。
「愛の呪文」 ではキャンペーンツアー的な全国キャンペーンを行っていなかったので、単発のキャンペーンということになるが、、各種チャートの初動には間に合わないので、キャンペーンとしては時期が遅い。

しばらく時間があるので屋上を散策。ヘリポートがあるのが珍しい。
音合わせが始まったので戻って見ると、なんということでしょう、鬼頭女史が音合わせをしているではありませんか。この光景は初めて。ファンクラブから現場に担当替えとなったのだろうか。いずれにしても鬼頭女史の御尊顔を拝することができたことは全くもって幸甚。

そして石川秀美女史の登場。黒の大きめジャケット風にグレーのパンツルック。
途中にお約束のリクエストハガキがき書き。先週のザ・ベストテンでは7位であったので、ここでリクエストハガキを集めて1週長く出演を狙うということになる。

ステージが終わると、そそくさと地下1階にあるみなとみらい21スタジオに移動。

こちらでは大西結花女史のイベント。
既にはじまっており、腰をかける場所に空きはないが、相変わらずこじんまりとしている。
立ち見でも近くでみることができるのが良いところ。
握手会には参加せず、横浜駅から浜松町駅に移動。

先週に引き続き郵便貯金ホールに向かう。
こちらでは芳本美代子女史のコンサート。
18時からの1回のみ。ファンクラブでチケットを確保したのであるが、先週の石川秀美女史のときより後の列ということは、石川秀美女史より人気があるということであろうか。あちらは2回まわしなので単純に比較はできないが。

19851013芳本美代子FRIENDSHIP CONCERT'85チケット(150dpi)i

今回もコンサートパンフレットを購入

19851013

パンフレットのセットリストとを見ると2部構成になっており、第1部はデビュー曲「白いバスケットシューズ 」 から始まり、アルバム『SURF WIND』 の曲に、他のアイドルさんのヒット曲を交えるといったオーソドックスな構成。
第2部が開幕しても特に寸劇ははじまらない。寸劇は芸映プロダクションの十八番かと思っていたのだが、石川秀美女史のコンサートのみに見られるものだったようである。

198510132

ノリのある曲も少ないので、終始フレンドリーな感じでコンサートは終了。これはこれでよろしいのでは。

3本のイベントに参加した充実の一日であった。

|

« フリーの道選んだ息子に心配と期待 | トップページ | 1985年10月24日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32456/62488652

この記事へのトラックバック一覧です: 1985年10月13日:

« フリーの道選んだ息子に心配と期待 | トップページ | 1985年10月24日 »