« 1985年8月3日 | トップページ | フリーの道選んだ息子に心配と期待 »

2015年10月 6日 (火)

1985年10月6日

本日は郵便貯金ホールでの石川秀美女史のコンサートを観劇。
昨年に引き続き秋のコンサートは郵便貯金ホール。

今回はファンクラブ経由でチケットを入手したため、昨年のBURN-UP'84 HIDEMIのときよりは、良い席が取れている。

2回まわしで1回目は14時30分開演。
19851006Get on HIDEMI'85チケット1(表)(150dpi)

入場してまずコンサートパンフレットを購入。

19851006Get on HIDEMI'85パンフレット

入場して開演を待つ。
リック・スプリングフィールドの「Dance This World Away」で開幕。
いつも思うが、石川女史のコンサートのオープニング曲はちょっと変わっている。
今回のオープニング曲は、今後ロック色を強くしていくというメッセージであろうか。
1部はオリジナルが「あなたとハプニング」 「ミステリー・ウーマン」 のみで、カヴァー曲での構成。「ミステリー・ウーマン」 も Bon Joviではないか、という話もあるが。

休憩が入って第2部
秋を意識した構成から入り、オリジナル曲が続く。
シングル曲を全て構成に組み込んだことは、ファンサービスなのだろうが、その代償としてアルバム曲が1曲のみとなってしまったため、旬な感覚が希薄になってしまった。正直『ハプニング』 の曲をもっと入れてほしかったところであったが、サマーコンサートツアーでかなりの曲数を入れたのでもう良いということだろうか。次のアルバムが出るのはおそらく12月になるので、確かに構成が難しいところではあるが。

19851006Get on HIDEMI'85パンフレット2

さて、1回目が終了して一旦退場。

2回目も1回目とほぼ同じ場所。

19851006Get on HIDEMI'85チケット2(表)(150dpi)

2回目のほうが盛り上がっている感じはするが、さて、ライブビデオにはどちらの回が使われるのだろうか。

会場を出るともう夕闇。神谷町駅まで歩き、日比谷線で帰宅の途につくのであった。

|

« 1985年8月3日 | トップページ | フリーの道選んだ息子に心配と期待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32456/62487803

この記事へのトラックバック一覧です: 1985年10月6日:

« 1985年8月3日 | トップページ | フリーの道選んだ息子に心配と期待 »