« 1986年1月25日 | トップページ | 石川秀美 「妖精時代」時間割付き歌詞カード »

2016年2月10日 (水)

MATT 関東圏私鉄・JR時刻表

MATTの創刊号である。
MATT 関東圏私鉄・JR時刻表(300dpi)

1980年代後半。アイドルのイベント会場に集う人々の中に"カウンター"と呼ばれる者達がいた。"カウンター"の名称が現れたのは1987年頃だったと思う。アイドルのイベントを見る数を競い、イベントのハシゴをする、前後のイベントの時間によってはイベントを最初から最後まで見ることをせず、"見た"と宣言して次のイベントに向かう、いわゆる"見た攻撃"をすることが特徴であった。

イベント会場のハシゴをし、数多くのカウントを稼ぐためには、効率的な移動をすることが必要になる。カウンター諸氏は必然的に鉄道路線網に詳しくなったものであった。"鉄ちゃん"(以下「鉄」という。)でもあり"カウンター"でもある趣味と実益を兼ねた者も多かった。

小生はというと、"カウンター"でもなかったが、それでも、一日3箇所のイベントをハシゴすることもあったので、言わんやカウンターをやである。

そういったカウンター諸氏の頭の中には路線図が入っており、時刻、料金を勘案し最適と思われる路線を選択するのである。ただ、選択され路線が最適がどうか、事前に確かめることはほとんど不可能であった。
一部路線では時間帯によって掲載の省略、主要駅のみの掲載とはなっているが、この本が出たことによって、その状況は一変し、イベント会場間の移動に擁する時間を、かなりの精度で予測できるようになったのであった。尤も、依然ルート選択にかなりの知識を要したのは確かであったが。

やがて携帯電話の乗換え案内が普及し、ルートごとに時間・料金を比較できるようになった。初期の頃は、納得いかないルートを検索してくることもあったが、ルート案内の精度も次第に向上し、役割を終えたこの時刻表も2003年に休刊となったのであった。

|

« 1986年1月25日 | トップページ | 石川秀美 「妖精時代」時間割付き歌詞カード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32456/63174373

この記事へのトラックバック一覧です: MATT 関東圏私鉄・JR時刻表:

« 1986年1月25日 | トップページ | 石川秀美 「妖精時代」時間割付き歌詞カード »