« 1986年9月21日 | トップページ | “EARTH ARK Little Communication in BUDOHKAN”チラシ »

2016年9月22日 (木)

1986年9月22日

飛び石連休の合間の平日となる本日、佐野量子女史のイベントに参加するために、横浜相鉄ジョイナスにやって来た小生であった。
横浜駅西口駅ビル相鉄ジョイナスの4階がリニューアルオープンされたことに伴い連日イベントが開催されているのだが、本日は、網浜女史のステージが15時30分から、佐野女史のステージが17時から開催される。

ステージの場所は、相鉄ジョイナスの4階の最もCIAL寄りの部分で、普段は休憩場所として利用されるが、イベントも開催できるオープンスペースである"自然の広場"である。

開店直後に入店。平日ということもあり競争相手はあまりおらず、2列目の席を確保することができた。
午後からのイベントのためにこの時刻から待つのはかなりのファンか、カメコか、であろうが、外見から想像するに佐野量子女史のファンの数が多そうではある。
イベント開始までの時間に、彼らの行動を観察すると、まずアルバムに収納した写真を見せ合っている。彼らの多くは一眼レフカメラを持っているので自分で撮影したものであろう。そして、その中のある者は、クリアポケットリーフファイルも持ち歩いており、その中には佐野量子女史の田中プロモーション時代のファンクラブ会"RYOKO-i・n・g"などが入っていた。
人物はかなり筋金入りのファンであろうと判断した小生は、その者が撮影した写真を見せていただいたりする。これまで常に単独で行動してきたのだが、先日の"ARTH ARK"では、同好の士の重要さを感じた小生としては、こういった交流も重要だと思うようになっていた。その方のお名前はI氏、"フリーロードスタジオ"で撮影した写真が自慢の一枚のようであった。

そうこうしているうちに網浜女史のイベントの開始時刻となる。
網浜女史は昨日9月21日に「ホット・サマー・ナイト」の12インチシングルが発売されたばかりであるので、その関連のイベントと思われるのだが、本日発売オリコン・ウィークリー誌にも、先週発売のオリコン・ウィークリー誌にも広告は出ておらず、どのような名目のイベントかは確認ができていない。

19860922網浜直子

網浜女史のイベントが終了し、しばらく間を置いて、次は佐野女史のイベントとなる。

佐野女史のイベントについては、オリコン・ウィークリー誌の広告に"「瞳にピアス」発売記念 佐野量子オータムキャンペーン"として、
9月21日 名古屋地区・名古屋テルミナ屋上(13:00~)
      豊橋地区・豊橋ジャスコ(15:30~)
9月22日 横浜/川崎地区・横浜相鉄ジョイナス4F自然のひろば(17:00~)
9月27日 仙台地区・エンドーチェーン仙台駅前店(15:00~)
の4か所のイベントが掲載されており、本日はその2日目、3か所目の会場となる。

ところが会場で配布されたチラシには、オリコン・ウィークリー誌の広告には載っていなかった、"10月5日 東急たまプラーザSC屋上"という日程も掲載されていた。これは予定に加えねばなるまい。

佐野量子_新曲“瞳にピアス”情報(表)(150dpi)

17時に佐野女史のイベント開始。

19860922佐野量子"

こちらのイベントが小生の主たる目的であったので、シングルレコードを購入して握手会にも参加。

知人ができたこと、イベントの情報を得られたこと等実りある一日であった。

|

« 1986年9月21日 | トップページ | “EARTH ARK Little Communication in BUDOHKAN”チラシ »

コメント

記事中I氏は"関東一のおっかけ"の通り名で活躍した人物でした。しかし、1988年頃には姿をみかけなくなりました。

投稿: takasekiiki | 2016年9月22日 (木) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32456/63560105

この記事へのトラックバック一覧です: 1986年9月22日:

« 1986年9月21日 | トップページ | “EARTH ARK Little Communication in BUDOHKAN”チラシ »