« 1986年12月15日 | トップページ | 1987年1月6日 »

2016年12月27日 (火)

1986年12月27日

本日は、文化放送の"日立ハローサタデー"の公開生放送の観覧のため、有楽町にに向かう。
会場となる"日立Lo-D PLAZA"は、有楽町フードセンター東館にある。この有楽町フードセンター東館は入口がいくつかあり、どこで待てば良いのか良くわからなかったが、開店前に来て、有楽町フードセンター東館を一回りすると、北側の入口に何人か人がおり、そこが入場待ちの列だと判断した。やがて、見知った顔の者も集まり列を作っ有楽町フードセンターの開店を待つ。

10時30分、有楽町フードセンターの開店と共に、列の先頭の者から店内になだれ込む。後を付いていけばなんとかなるだろうと判断した小生もなだれ込む。はたして、行き付いた先、案内係の常駐場所と思われる場所で整理券が配布されていた。

会場となる場所は、50人程度が入れそうなスタジオ、後方壁際にスピーカーが並べられ、その前にはごく低いステージがしつらえられている。名称は"AV-Labo"とのことであった。ステージが低いので、最前列でもそれほど見上げる体勢にならない。後方の席の者は見づらいかもしれないが。

公開生放送の開始は17時からなので、6時間以上の時間がある。ショールームの中をしばし見物。
Lo-Dというとギャザードエッジのスピーカー、コンビネーション3ヘッドのカセットデッキなどがオーディオ的には有力商品となる。長岡氏推奨のアンプHMA-9500MKIIはさすがにもう古いか。良くおじゃまするPIONEERやTechnicsと比較すると並んでいる商品が地味なのは否めないところ。

会場への入場は16時から整理番号順となる。

17時が近づくと現在放送中の文化放送が会場のスピーカーから流れ出す。 
番組は生放送なのだが、スタジオからの放送の間に中継をはさむという構成になっているので、中継が始まる前に本日のゲスト、佐野量子女史と水谷麻里女史が登場。
そしてスタジオからの呼びかけに答えるかたちで、中継開始。

佐野女史は「夢からさめない」、水谷女史は「春が来た」を披露。
中継終了後は、ゲストに関するクイズが出題され、正解者にプレゼントが手渡された。1時間弱で終了。

本日の佐野女史は体調が悪そうに見えた。

|

« 1986年12月15日 | トップページ | 1987年1月6日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32456/64105294

この記事へのトラックバック一覧です: 1986年12月27日:

« 1986年12月15日 | トップページ | 1987年1月6日 »