« 1986年11月29日 | トップページ | 1986年12月9日 »

2016年12月 6日 (火)

1986年12月6日

本日は、NHK放送センター行われるNHK-FMの番組"新春サウンドスペシャル"の収録に参加。

今回の件は、日本大学石川秀美研究会会長のI氏を通し持ち込まれたものである。詳しい経緯はうかがってはいないが、石川秀美女史の盛り上げ隊が必要な制作サイド若しくは事務所と、当方の利害が一致したとのことなのであろう。
今回の収録は、石川女史単独出演ではなく、本田美奈子女史、C-C-Bも出演ということで、現在の動員力からすると、何も手を打たねば石川女史の出演時だけ観衆が凍りつくという事態もあり得るところである。
以前なら石川秀美親衛隊が一手に引き受けていた役回りであろうが、サイン・握手会は減少、ホールコンサートがなくなり、ライヴハウスではコール・統制の出番が無いという状況では、親衛隊の動員力が減少することは必然。10人弱の動員力ではあっても、日本大学石川秀美研究会に声がかる余地が生じたといところであろうが、実際に会場内に座席を用意させてしまうという、I氏の交渉力には舌を巻くばかりである。

16時にBebe赤坂前に集合ということで、みふねビルに行くために利用するお馴染みの駅である赤坂見附駅下車、地上に上がればすぐに待ち合わせ場所である。

地下鉄で渋谷へ移動し、NHK前につく頃には夜になっており、入口がわからずしばし彷徨。井の頭通り側の西口から入館することが判明。

日本大学石川秀美研究会会長のI氏が交渉に出向き、魔法の呪文を唱えたかのように入館でき、会場の102スタジオに通された。VIPにでもなった気分である。
スタジオ内は、ステージが組まれ、椅子が100人分ほど並べられている。小生らにはステージに向かって左側前方の席が容易されていた。

せっかくNHKのスタジオ内にはいったことでもあり、後学のためトイレを利用しておくことにした。
用を足していると、後から一人入ってきて隣に立った。去りぎわに見やるとそれはC-C-Bの関口氏であった。
そうか、C-C-Bも出演するのか。そう思いながら客席に戻り開演を待つ。

開演。一人目は石川秀美女史。

親衛隊の統制と共に、
「Carry on!~走り続けて~」
人数が少ないながらも頑張る親衛隊。

そして。

MC
あけましておめでとうございます。
今年もはりきって、ライヴハウス、コンサートにがんばって、行きたい。
去年二十歳になった。自分の意見を出し楽しくやっていきたい。
みなさんも良かったら体を動かして運動していってください。

「LOVE COMES QUICKLY~霧の都の異邦人~」
「Chasing Shadows」

MC
盛り上がっている女の方たちがいて安心した
「LOVE COMES QUICKLY」はLPの中からシングルカットされた。Pet Shop Boysに作ってもらった曲。すごく難しい。マイクを持っている手が震えているのが自分でわかってよけい緊張した。こういう難しい歌も今年は歌えるようにがんばっていきたい。

「危ないボディ・ビート」

MC
バックで盛り上げてくれいてるバンドのみなさんを紹介したいと思います。
ドラム ショウ
ちょっと地味なんですけど頭は派手にしてるんでライトを当ててあげてください。派手なんだけどもオヤジ。
キーボード ゴンくん
ギター まさひろ
キーボード 鶴ちゃん
ギター ミッシェルと呼ばないで岡澤
コーラス チャカちゃんえみちゃん
オオゴトさん ベース
歌っているのは石川ですよろしくお願いします。
あと2曲ラストスパートでがんばりたいと思います。

「サイレンの少年」
「ミステリー・ウーマン」

MC
どうもありがとうございます。続いては本田美奈子さんのステージでお楽しみください。


という流れで石川女史の出演部分は終了。

親衛隊の統制とともに
「1986年のマリリン」
に続くという内容。

盛り上げ隊としてはここで出番終了。「LOVE COMES QUICKLY~霧の都の異邦人~」以外は盛りあがる曲ではあったが、会場総立ちにはならなかった。

本田美奈子女史の後はC-C-Bが出演。

楽しませていただいた。

|

« 1986年11月29日 | トップページ | 1986年12月9日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32456/64053494

この記事へのトラックバック一覧です: 1986年12月6日:

« 1986年11月29日 | トップページ | 1986年12月9日 »