« 『夢からさめない』ビデオ予約申込書 | トップページ | 1987年2月28日 »

2017年2月21日 (火)

1987年2月21日

本日は"オリコン・ウィークリー"誌主催のイベント"第14回君こそ評論家!"に参加。

今回は最前列の席を確保。

レギュラー司会者の古川治氏、★西氏こと西久保秀文氏、そして初登場の竹内美保女史の3名が司会。

今回はゲストが来ずに進行。
結局最後まで来なかった。

その代わりというわけではないが、仙台から受験で来たというペンネーム"ひねくれタコラ"氏が治氏に呼び出され
、DJをするという流れになったのであった。"ひねタコ"氏、なかなか落ちついているなと思いながら見ていると、なんと、次に小生が、治氏の毒牙にかかってしまっのであった。
司会者席にひっぱり出され、いろいろと質問されるのだが、ハガキ職人とはいえしゃべるのは素人、気の聞いたことを話すわけでもなく、とてもゲストの代わりとなるような内容ではなかったことは言うまでもない。
今まで、オリコン通信の読者集会にも参加せずに(メッセージ入りのカセットテープを送ったことはあったが)、謎の常連で通してきたのだが、この件ですっかり面が割れてしまった。
ただし、キクイチミュージックセンターダイヤモンド地下街店の中で、他のダイヤモンド地下街店の常連客から"知ってるよ○○(伏せ字)君でしょ"と言われたことがあったので、謎の常連でいるつもりでいたのは小生だけだったのかもしれないが。
読者集会に参加してみても良いかなと思うきっかけとなる出来事であった。

なお、古川氏から、今度、佐野女史がオリコン・ウィークリー誌の表紙なるという情報をいただいた。これは、小生に対する"オリコンと一緒"コーナーの写真を送るようにというメッセージであると、理解した。

最後は恒例のジャンケン大会により賞品が配られ解散となった。

|

« 『夢からさめない』ビデオ予約申込書 | トップページ | 1987年2月28日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32456/64225394

この記事へのトラックバック一覧です: 1987年2月21日:

« 『夢からさめない』ビデオ予約申込書 | トップページ | 1987年2月28日 »