« 1987年2月28日 | トップページ | 1987年3月7日 »

2017年3月 4日 (土)

1987年3月4日

本日は、文化放送で土曜22時から放送されている"シャープ ミンミンゼミナール"の公開録音の観覧のため、市ヶ谷のシャープ東京ショールームに向かう。
"シャープ ミンミンゼミナール"の公開録音に参加するのは2回目になる。市ヶ谷駅から外堀を通過、外堀通を渡り
シャープのショールームに直行する。

本日のゲストは佐野量子女史と、水谷麻里女史。
平日ということもあり、"シャープ ミンミンゼミナール"の公開録音目当ての者はそれほど多くはなさそうである。

16時から整理券か配布されるが、定員に達しなかったようで。本日も無事入場することができた。
この会場は、入場するために抽選があり、先着順というわけではないため、座席は運次第となる。
ただし、狭い会場なので、入場することができれば十分に近いが。

ラジオ収録中佐野女史"食べでがある"といった言葉を使ったところ、風見しんご氏が非常にウケ、佐野女史が照れていたが、"食べでがある"ということば、小生も普通に使用していたのだが、方言だったのだろうか?

この番組では、当日の観客中から選ばれた者が生コマーシャル読み上げるというコーナーがある。今回は選ばれたのは、最近佐野女史のイベントで小生らと行動を共にしているUM氏であった。UM氏は素人なりに生コマーシャルをこなし、その見返りとして、SHARP社製のワードプロセッサーを進呈されたのであった。ああ、うらやましき哉、UM。

|

« 1987年2月28日 | トップページ | 1987年3月7日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32456/64226764

この記事へのトラックバック一覧です: 1987年3月4日:

« 1987年2月28日 | トップページ | 1987年3月7日 »