« 1987年3月4日 | トップページ | 1987年3月8日 »

2017年3月 7日 (火)

1987年3月7日

本日は、川崎岡田屋モアーズで開催されるニッポン放送の"モアモア歌謡センター"の公開生放送の観覧。

"モアモア歌謡センター"の公開生放送には昨年一度来ている。
昨年と変わったことは、アゼリア地下街が完成し、地下経由で岡田屋モアーズまでたどりつくことができるようになったという点である。地下にも岡田屋モアーズへの入口ができているが、小生は、開店前に正面玄関前で待機。開店と同時にエレベーターを使わず、エスカレーターを駆け上がる。これで最前列の席を確保できる。
各階でエレベーターのボタンを押す係を1人用意し、エレベーターを各階停車にすれば完璧であろうなどと考えたこともあるが、小生はそこまでしたことはない。
実際今回はそのようなことをせずとも普通に最前列の席を確保できた。

司会は上柳昌彦氏、ゲストは長山洋子女史と佐野量子女史。奇しくも昨年参加した"モアモア歌謡センター"の公開生放送と同じ出演者である。

昨年と違うのは小生の側。昨年は会場内に誰一人知人はいなかったが、今年は開演を待つ客席の中に多くの知人がいるという点。荷物番を頼めるので席を離れることができる。席を確保してから放送開始までの長い待ち時間を退屈せず過ごすことができるようになった。

本日新たに面識ができたかたは、オリコン通信常連投稿者ペンネーム"スイク2ミトカイ"氏、"おれんじ☆てぃー"の発行人のO氏、"奈美ファンタジィ"のスタッフ等で活動しているM氏などである。

音合わせの後、16時30分から生放送開始。

19870307モアモア歌謡線センター:長山洋子、佐野量子

まずは佐野女史の曲。

19870307モアモア歌謡線センター:佐野量子

その後クイズコーナーなどを挟んで長山女史の曲。

19870307モアモア歌謡線センター:長山洋子

30分で終了。
最前列で堪能できた、眼福なイベントであった。

|

« 1987年3月4日 | トップページ | 1987年3月8日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32456/64226776

この記事へのトラックバック一覧です: 1987年3月7日:

« 1987年3月4日 | トップページ | 1987年3月8日 »