« 1987年4月25日 | トップページ | 佐野量子「瞳にピアス」発売告知チラシ »

2017年4月26日 (水)

1987年4月26日

本日は、文化放送番組"とうきゅうサウンドパラダイス"の公開録音に参加のため、取手駅前の取手とうきゅうまでやってきた小生。
取手駅は通過したことはあるが、降り立つのは初になる。
目指す取手とうきゅうは、取手駅西口にある。取手駅は橋上駅になっており、西口からはペデストリアンデッキで取手とうきゅう2階入口と直結していた。

2階入口前に到着すると。我孫子在住のM氏など、すでに何人かが開店待ちをしていた。
10時開店、小生は初めてで勝手がわからないため、人の流れに乗ってエスカレーターで階を上へと昇っていく。
6階から7階へと上ろうとするところで、前方に吹き抜けの空間が現れた。さらに昇っていくと、積み重ねられたテレビジョンのモニター、ステージ、客席と順番に見えてくる。
先頭の者から座席になだれ込み、小生はそれに続く。
ステージに向かって右端の最前列の席を確保できた。

ここの会場は、背もたれのない木製のベンチが床に固定されている。一基で3人ほどが腰掛けらるので、座れるのは40人から50人といったところか。7階と8階が吹き抜けになっており、8階からステージを見下ろすこともできる。立ち見を含めると100人少々の観客までは対応できそうである。

本日は、"関東一のおっかけ"I氏、前述我孫子のM氏、某光学機器メーカーのH氏、S氏、名古屋のI氏、開店後悠々と現れた"ワープロ君"U氏等の面々が集まった。

小生がコンパクトカメラを準備しいてると、名古屋のI氏が予備の一眼レフカメラが余っているので貸してくれるというので、お言葉に甘えて拝借することにした。CanonのAE-1Pに、FD200mmF4である。AE-1Pは絞り優先オートの機能がないが、マニュールモードにしてストロボに調光させれば良いだろう。

13時開演。司会は藤沢かずより氏と坂本理恵女史。本日のゲストは、さいたまんぞう氏と川島恵女史、そして佐野量子女史である。

19870426とうきゅうサウンドパラダイス

番組冒頭佐野女史が
「4月のせいかもしれない」
を歌う。

その後、ゲストのトークのコーナー。
佐野女史からは、夢のこと、昨日の富士宮郵便局一日郵便局長のこと、ジャンボマックスのこと等の話題が出た。

続いてさいたまんぞう氏と川島恵女史の
「東京カントリーナイト」
曲がはじまると折りたたみ椅子の座面をお尻につけたまま立ち上がりステージからはける佐野女史。
佐野女史の正面たる僥倖の恩遇に浴する小生。

19870426とうきゅうサウンドパラダイス佐野量子

その後、つぶされた粘土細工から元々何を造ったものだったかを当てるというクイズのコーナー。

最後に佐野女史が、
「少女がページを閉じる時」
を歌って終了。

さすがに「ミスター不思議」「処女航海」は歌わないか。
佐野女史は浅井企画の社員の結婚式に出席するとのことで早々に帰っていった。
小生らはみな常磐線に乗ったが゛、三々五々各方面に分かれていった。

|

« 1987年4月25日 | トップページ | 佐野量子「瞳にピアス」発売告知チラシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32456/64372130

この記事へのトラックバック一覧です: 1987年4月26日:

« 1987年4月25日 | トップページ | 佐野量子「瞳にピアス」発売告知チラシ »