« 1987年4月3日 | トップページ | 1987年4月5日 »

2017年4月 4日 (火)

1987年4月4日

本日は"オリコン・ウィークリー"誌主催のイベント"第15回君こそ評論家!"に参加。

の予定だったが、佐野量子が静岡第一テレビの"Jan Janサタデー"に出演するという情報を得た小生は、静岡第一テレビに電話を架けた。
小生:今日の"Janサタ"は?
第一:スタジオからです
小生:入場は?
第一:できません

しかたがないので、当初の予定どおり目黒までやってきた小生。

今回も最前列の左端、司会者前の席を確保。

司会は古川治氏と、久々の石川誠壱氏である。

まずは本来の趣旨である新曲の試聴。何曲か聴いた中では森高千里女史の「NEW SEASON」が良い感じである。

そして今回はゲストがいるとのこと、あらわれたのは守谷香女史であった。
松竹のオーディションで25,000人の中から29人が選ばれ、さらにその中からグランプリを受賞したこと。
それ以前に映画『アイコ十六歳』に弓道部員の役で出ていたこと。
今まで人前で歌ったことがなかったこと。
好きな女優が吉永小百合女史、斉藤由貴女史なので将来そういった感じになることができれば良いなどということ話し、デビュー曲「予告編」を試聴。小生の感想としてはデビュー曲にしては少々押しが弱のではないかというところ。

恒例のジャンケンによる賞品配布。

今回の記念写真の撮影時の小道具は、芳本美代子女史の「ヴァニティ・ナイト」の下敷きとした。

さて、今回参加して、先日の横浜でのオリコン通信読者集会で見かけた方がかなりいる感じであった。その数は一桁では足りないであろう。
今まであまり意識してはいなかったが、"君こそ評論家!"参加者の半数以上はオリコン通信の常連投稿者なのかもしれない。

|

« 1987年4月3日 | トップページ | 1987年4月5日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32456/64339911

この記事へのトラックバック一覧です: 1987年4月4日:

« 1987年4月3日 | トップページ | 1987年4月5日 »