« '87 7月エッグマンスケジュール No.74 | トップページ | 1987年7月6日 »

2017年7月 1日 (土)

1987年7月1日

佐野量子女史が"東芝夏祭り"に出演するとの情報を得て、川崎駅までやってきた小生。

佐野女史のファンクラブでいただいたチラシに、その情報は掲載されていたのだが、

佐野量子’87サマースケジュール(150dpi)

さらに詳しい情報を求め、佐野女史ファンクラブに電話して得たその情報は、
場所:川崎の東芝総合研究所
時間:13時50分から15時30分
多分社員優先
というもの。

東芝総合研究所の場所がわからなかった小生ではあったが、川崎の地図を見たところ、川崎駅西口の目の前に、東京芝浦電気堀川町工場があったため、イベントはそこで開催されるのだろうとあたりを付け、川崎駅西口に降り立った。

東口のにぎやかさと比較すると、あまりにもひっそりとした西口だが、駅前には工場しか無いといった状況だったので、東京芝浦電気堀川町工場への入口はすぐ見つかった。ただし、"祭り"開催しているようには見えない。
工場への入口脇に建物があった。守衛室であろう。そこにいた人に、聞いてみたところ、"ここでは祭りはやっていない"とのこと。駅の2km程北にも東芝の工場があるようなので、そちらに行ってみることにした。

バスで行きたいところではあったが、バス路線がわからないので、徒歩で向かう。30分程すると、歩いている道路は、国道1号線になった。多摩川方面にしばらく歩くと、左手に長いフェンスの連なる区画が見えてきた。フェンスの中には多くの人かおり、"祭り"が開催されているのはここだと確信した。早く入場し、観覧場所を確保したいと思うと、自然と小走り気味になる。さらに歩くと門があり、人が出入りしている。そして、門正面の建物へと、人の流れが続いていた。この建物の中が目的地に違いないと判断し、敷地内に入ろうとする小生。ところが、守衛から、関係者以外は入場できない、と止められてしまったのだった。

どうしたものかと、門あたりを見回すと、門の傍らに、同じ境遇と思われる者が一名立っていた。同じ境遇と判断したのは、その顔に見覚えがあったからである。確か、今年の2月14日の浦和のイベントで見かけた顔である。

その者も、小生の目的が自分と同じであることを察したらしく、なりゆきで行動を共にすることとなった。

敷地内の人の流れは、南の方角にも続いている。小生らも、敷地内の人の流れをたどり、今歩いて来た国道1号線を逆戻りし、次の交差点で右折する。なおも、敷地内の人の流れにをたどり進んで行くと、先程とは別の門から人が出入りしているのが見えてきた。その門に着いてみると、そこは、東京芝浦電気小向工場の門であった。してみると、先程の門が、総合研究所の門であろうか。

小向工場の門から、敷地内への入場を試みる。先程入場を止められたこともあり、緊張しながらの入場であったが、小生らを咎め立てする者は誰もいなかった。先程の門からこの小向工場の門に至る間、外から敷地内を見てきたのだが、敷地内に仕切り等は見あたらなかった。先程の門に向けて歩きだす。

その途中、敷地の南東の角近くに、架設の屋外ステージがしつらえられており、ステージ前の椅子席に某光学機器メーカーのHK氏が腰掛けていた。そのステージは、音響設備があまりに貧弱だったため、イベントは別の場所で行われるのではないかとの疑念を抱いた小生ではあったが、HK氏もそこにいたことから、小生ら2名も一旦ステージ前の椅子に腰を下ろした。しばらくHK氏と話しをしていると、HK氏も、イベントがこのステージで行われると確認したわけではないとのこと。となると、このステージの音響設備の貧弱さの疑念を払拭することができない。他の場所をあたってみることにし、先程の合流した者と2人で、その場を離れた。

候補先は、やはり、先程入場を阻止された門に続いていた建物である。敷地内を通って、その建物の正面入口に回り込む。建物前の門では入場を阻止されたが、その建物に入ることについては何ら咎め立てされることもなかった。建物内部を徘徊していると、とある一角に、ステージがしつらえられていた。ステージ前には、既に何十人かの者が陣取っている。ここが会場に違いないと判断した小生、空いている一角を確保する。この場にたどりつくまでにかなりの時間を使ってしまったため、あまり良い場所は確保できず、ステージから10メートル程度離れてた場所となってしまった。

やがて、"ワープロ君"ことUM氏、横浜のKR氏も現れたため、この場で、8月20日に日本青年館で開催される佐野女史のコンサートの座席の抽選を実施。このチケット、小生が8枚分を浅井企画に直接出向いて注文したものが、昨日6月30日に小生宅に郵便で届いていたものである。届いた座席はA列28からA列35までのもの。日本青年館大ホールは27番と28番の間がステージ中央となるので、小生が最も良い席A-28の席を確保してしまっても良かったのであろうが、正直に全席を抽選にかけ、"ワープロ君"ことUM氏がA-31、横浜のKR氏がA-28を得ることとなった。

司会の女性が出てきて佐野女史を呼び出し、イベント開始。

19870701東芝夏祭り_佐野量子1

1回目のステージが終了したが、本日は2回まわしのようで、皆その場に居残っている。ただ、退場する者も少々いたため、少し前方に移動できた。

19870701東芝夏祭り_佐野量子2

イベント終了後、"ワープロ君"ことUM氏、横浜のKR氏、本日行動を共にした氏名不詳の某氏と帰路につく。
先程入場を阻止された門から出場し、国道1号線を渡ってすぐのバス停から川崎駅行きのバスに乗車。川崎駅から電車で帰宅した。

|

« '87 7月エッグマンスケジュール No.74 | トップページ | 1987年7月6日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32456/64679806

この記事へのトラックバック一覧です: 1987年7月1日:

« '87 7月エッグマンスケジュール No.74 | トップページ | 1987年7月6日 »