« 佐野量子「夏のフィナーレ」購入特典ピンナップポスター | トップページ | 石川秀美「危ないボディ・ビート」店頭プロモーションビデオ »

2017年8月 8日 (火)

1987年8月8日

本日は、渋谷東映で開催されるイベント、"土曜の夜はシャコvsタコ祭り!"に参加の予定。

目的地の渋谷東映は、渋谷駅東口から宮益坂下の交差点を渡ってすぐの明治通り沿いにある。
イベント開始までにかなりの時間があるため、渋谷東映の周囲を一周してみる。すると、渋谷東映裏手になる宮下公園内に、入場待ちの列ができていた。既に50人くらいは並んでいるかもしれない。小生もその列に並び、会場を待つ。

本日集まった知人は、某光学機器メーカーのHK氏と、SA氏、"ワープロ君"ことUM氏、横浜のKR氏の面々である。
あたりが暗くなった頃に、オリコン通信常連投稿者のペンネーム"西崎知紀"氏が前方からやってきて、列の最後尾に向かって歩いていった。仕事が終わってから来たようである。

あたりが、暗くなった頃、入場がはじまったらしく、列が動き出した。
その後も列はゆっくりと動く。渋谷東映に入館しようというときになってわかったのだが、館内には"シャコタン☆ブギ"と"名門!多古西応援団"出演者の面々が、伊藤美紀女史、南渕一輝氏、佐野量子女史、木村一八氏と並んでおり、握手をしながら入場とのことで、時間がかかっていたようである。
小生は、並んでいる面々の中でも、その見た目から、我王銀次氏と握手をするときに最も緊張したのだが、意外にも、丁寧な言葉を返していただき、好感が持てた。

19870808土曜の夜はシャコvsタコ祭り!_握手会

入場したからといっても、スクリーンではまだ通常進行で映画を上映中である。イベントは上演終了後に、観客を入れ換えて行うので、それまで少々時間があり、並んで再び並んで待つことになる。知人に場所の確保をお願いし、列を抜け出して、映画上映中のホールを覗いてみると、スクリーンには、仲村トオル氏の顔が大写しになっていた。上映されているのは『新宿純愛物語』で、ちょうどそのクライマックスを迎えているところのようであった。"もうすぐ終わるな"と列に戻る。

やがて、ホールから人が出て来る。上映が終了したようである。
人の列が途絶えた後、小生らの並んだ列の先頭からホールの中に入っていく。

19870808土曜の夜はシャコvsタコ祭り!_開始前舞台

残念ながら、あまり前のほうの席は取れなかった。

まずは、"名門!多古西応援団"出演者一同が、舞台上に登場。

19870808土曜の夜はシャコvsタコ祭り!_名門!多古西応援団

そして、"シャコタン☆ブギ"出演者一同がが、舞台上に登場。
本日は、藤井一子女史は欠席のようである。

19870808土曜の夜はシャコvsタコ祭り!_シャコタン☆ブギ

その後、両映画出演者合同でのイベント。

19870808土曜の夜はシャコvsタコ祭り!_吉沢秋絵_我王銀次_木村一八_佐野量子

その後、出演者の歌が披露された。

19870808土曜の夜はシャコvsタコ祭り!_南渕一輝

19870808土曜の夜はシャコvsタコ祭り!_伊藤美紀

19870808土曜の夜はシャコvsタコ祭り!_佐野量子

最後に、出演者が舞台上に勢揃いし、舞台上から黄緑色のビニールボールを客席に投げ、それを取った物が賞品を貰えるというゲームが行われた。
小生が、佐野女史に向かって手を振っていると、佐野女史はこちらに気づき、小生に向けてボールを投げてくれた…ような気がした。小生めがけて飛んで来たボールであったが、小生が取ろうとした刹那、小生の前にいた者の手の中に収まってしまったのであった。

イベント終了後、小生はそのまま帰宅した。

|

« 佐野量子「夏のフィナーレ」購入特典ピンナップポスター | トップページ | 石川秀美「危ないボディ・ビート」店頭プロモーションビデオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32456/65023198

この記事へのトラックバック一覧です: 1987年8月8日:

« 佐野量子「夏のフィナーレ」購入特典ピンナップポスター | トップページ | 石川秀美「危ないボディ・ビート」店頭プロモーションビデオ »