« 2017年9月3日 - 2017年9月9日 | トップページ | 2017年9月17日 - 2017年9月23日 »

2017年9月12日 (火)

1987年9月12日

本日は、佐野量子女史が、万世橋警察署の一日署長になるということで、朝も早くに家を出で、秋葉原までやってきた小生である。
浅井企画から事前に得た情報は、"14時30分パレード"、"15時アトラクションの会"というものであった。

一日署長というからには、制服姿となるわけで、その貴重な姿をフィルムにおさめるため、知人からRICHOのXR500を借用してきた。装着されているレンズはCOSINAの28-200、画質にはあまり期待していないが、コンパクトカメラよりは遥かに良いだろう。

浅井企画からいただいた情報には、会場に関するものはなかったのだが、万世橋警察署最寄り駅の秋葉原駅へと向かったのだった。

秋葉原駅まで来てみると、西口広場に舞台が設置され、"秋の交通安全運動"と書かれた横断幕が掲げられていた。ここでイベントが行われることは明らかである。
場所取りしている者が既に数名いたが、舞台前には空いている場所がまだ充分にある。
舞台が地面から1メートル程と、高さがあるため、いわゆる"カメラ小僧"の方々は、少し引き気味の場所を取っているようである。

19870912万世橋警察署_秋の交通安全運動 パレードと集い

すでに、某光学機器メーカー社員のSA氏、HK氏が先着しており、小生はその傍らに場所を取った。

会場には"3万円君"の姿も見える。
知人も何名かは来ているが、昨年からの知人はほとんどいなくなってしまった。
10時前とはいえ、この集まり具合では、人気のほうが心配ではある。10月から始まる新番組に期待するしかないのが現状といったところ。

天候は曇り。暑くもなく、屋外で長時間待つ身にとっては助かる。

ステージの設営は終わり、ステージ向かって左側にはテントが設置され、音響機器と、椅子、テーブルが据えられた。そのテントが会場の本部となるようである。
そこで、本日のリーフレットも入手できた。

19870912万世橋警察署_秋の交通安全運動 パレードと集い_リーフレット(表1-4)(150dpi)

19870912万世橋警察署_秋の交通安全運動 パレードと集い_リーフレット(表2-3)(150dpi)

このリーフレットによって、本日のイベントの全容を伺い知ることができた。
パレードは、事前に得ていた情報どおり14時30分からとなっている。
出発地点は万世橋警察署前なので、14時30分より前に、万世橋警察署前まで移動する必要がある。
そして、パレードは、"集い広場"とされているここ西口広場が終点となっている。パレードに付いていき、今いる場所に帰ってくれば良いわけである。
そして、舞台上で各種の式典が開催された後、佐野女史のステージ、おそらく何曲か歌を披露するのであろう。

舞台上でのイベントはパレード後というとことで、まずはパレード出発地点となる万世橋警察署前に移動し、佐野女史が署内から出てくるのを待つ。関係者と共に警察署から出てきた佐野女史は、まず出発前の記念撮影。

19870912万世橋警察署_秋の交通安全運動 パレードと集い_パレード出発

それから、オープンカーに乗車してのパレードとなった。

19870912万世橋警察署_秋の交通安全運動_佐野量子_パレード

オープンカーは、中央通りを見物客を引き連れて北上する。
カメラを持った者は、パレードに付いていくというより、先回りしてカメラを構え撮影し、オープンカーに追い越されるとまた小走りに先回りしてして撮影を繰り返す、という動きになる。
しかし、一眼レフのカメラでは、オープンカーに乗って動いている被写体に合焦させることは至難の技。オープンカーが停車しているときでないと、ピントが合わないのではなかろうか。

外神田五丁目交差点で折り返したパレードは、元来た道の反対の車線を万世橋方面に向かう。

19870912万世橋警察署_秋の交通安全運動_パレードカー

外神田三丁目の交差点を過ぎたオープンカーは、秋葉原駅方面に右折し、秋葉原西口広場に到着した。

ここでオープンカーから下りた佐野女史は、式典が始まるまでの間、テントの中で待機となった。

そして、舞台上にはパイプ椅子が並べられ、佐野女史の他、主催者代表、来賓などが着席し、式典が始まった。
式典で、花束の贈呈を受けた佐野女史は、式典終了と同時に一旦舞台から降りる。

式典の次が、舞台前に集まった者たちが目的とする"アトラクション"の時間である。

佐野女史は制服姿のまま壇上に登場。
女性司会者とキー坊と佐野女史との会話で"アトラクション"は進行する。

Img659

その流れの中で、


「4月のせいかもしれない」

「少女がページを閉じる時」

「夏のフィナーレ」

の3曲を歌い、"アトラクション"は終了となった。
"アトラクション"の時間は20分程であった。

握手会やサイン会はなかったが、制服姿を見ることができた、というところに価値のあるイベントであった。

そして、翌日の大山の宿坊行きの準備のため、早々に帰宅する小生であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月3日 - 2017年9月9日 | トップページ | 2017年9月17日 - 2017年9月23日 »