« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月26日 (火)

1988年6月26日

前日、名古屋大学アイドル研究会の編集部となっている第二陽気荘に宿泊した小生と、NM氏。
NM氏は、国実百合女史が出演する、中部日本放送の"コッピー歌の広場"を見るため豊田市生協へと向かっていった。

浅井企画から事前に得た情報では、本日の、佐野量子女史の予定は、中部日本放送でラジオ出演。中京競馬場でイベント。中京テレビ放送の"お笑いマンガ道場"の収録、となっており、小生は、中部日本放送の本社ビルへと向かう。

本山駅から名古屋市営地下鉄東山線に乗車し、新栄町駅で下車。徒歩数分でで中部日本放送の本社ビルに到着した。
時刻は朝の8時前であり、佐野女史もさすがにまだ到着していないであろう。
そのうち、何人かの知人も到着した。


前日熟睡できなかったので、テラス部分で横になり、仮眠を取っていると、佐野女史とマネージャーの鈴木氏が到着し、本社ビルの中に入っていった。
それを見送る小生たち。

中部日本放送の本社ビルはガラス張りになっており、1階部分は中が見通せる構造となってる。
番組収録の模様は、外から見ることができた。
当然中から外を見ることもできる。
番組収録中も、寝っころがっていると、佐野女史から笑われてしまった。
お行儀が悪かったかもしれない。

番組の収録も終了し、佐野女史とマネージャーの鈴木氏が、中部日本放送本社ビルを出てきた。
見送る小生たち。

佐野女史一行を見送った小生らは、次の目的地、中京競馬場に向けて移動を開始した。
名古屋市営地下鉄から、金山駅で名古屋鉄道名古屋本線に乗り換え、中京競馬場前駅で下車。
右手に駐車場を見ながら徒歩で中京競馬場に向かう。

中京競馬場に入場。
中京競馬場に来るのは初なので、どこでイベントが開催されるかなど、勝手がわからない。

レーシングプログラムをいただく。
本日のメインレースは"第24回東海テレビ杯金鯱賞"であった。
浅井企画から事前に得た情報で、"東海テレビのイベント"となっていたのは、本日のメインレースに"東海テレビ杯"が冠されているからだったのであろう。

19880626中京競馬場レーシングプログラム(表1)(150dpi)

レーシングプログラムをつぶさに調べてみると、2ページ目の最下段に、"本日、馬場内遊園地におきまして、“Ryoko Sanoライブコミュニケーション”を行います。"との記載がされていたので、"馬場内遊園地"に向かった。

19880626中京競馬場レーシングプログラム(P2)(150dpi)


"馬場内遊園地"は、コースの内側にある。
地下通路をくぐって内馬場に入ると、広がる芝生の中に、膝高さ程の舞台が見えた。
早速舞台の前まで移動し、芝生の一角に場所を確保した。

やがていつもの面々が集まってくる。
名古屋あたりでは、その顔ぶれは東京とあまり変わりはない。


知人らと話しつつ、時間を過ごしていると、競馬場の中だというのに、一台の乗用車が走ってきた。ダートコースの内側、内馬場の外側に自動車用の道路があり、そこを走ってきたのであった。
乗用車は、その道路上で、舞台からの距離が近くなるあたりに停車した。

その乗用車には、佐野女史が乗車していた。
競馬場の敷地が広いので、場内の移動にも自動車を使用することになるのであろう。


やがて、女性の司会者が登場、佐野女史が乗用車から降りてきて、12時5分にイベント開始となった。

19880626佐野量子1@中京競馬場

佐野女史は、まず
「4月のせいかもしれない」
を歌唱。

続いて
「星空回線」
を歌いだしたのだが、曲の途中で、オケの音が出なくなってしまい、曲が中断。
すぐに復旧せず、
「DEAR GIRL~少年のような日々へ~」
を歌うこととなった。
その後、あらためて、
「星空回線」
を歌唱。

最後に、新曲の
「TOMORROW」
が披露された。
今までの佐野女史のシングルレコードとなった曲にはなかった、明るく活発な曲調である。
夏に向けて、明るい曲もありなのかもしれない。

19880626佐野量子2@中京競馬場

ここまで30分程でイベントは終了したのだが、このあともう一度佐野女史の出番があるとのことなので、小生らは舞台前で待機、佐野女史はというと、乗用車の中の人となった。
一旦控室にでも引き上げるかと思ったのだが、乗用車が動き出す気配はない、次の出演の時刻まで、車中で待機するようである。
車中で待つのはかわいそうにも思えたが、佐野女史を観察していると、車中から双眼鏡でレースを見たりしながら時間を過ごしており、退屈しているわけでもなさそうであった。


3時10分頃に佐野女史舞台に上がり、本日2回目のイベントの開始となった。

「風の花束」

「TOMORROW」
を歌唱。

2回目のイベントは短めであった。


中京競馬場でのイベント後、競馬場が用意した乗用車に再び乗りこんで走り去っていく佐野女史を見送った小生。
通常では、、名古屋鉄道本線で名鉄名古屋か豊橋に出て、JRで帰宅するところであるが、先日の花島山脈のイベントの折りに知り合い、本日もイベントにも来ていたSM氏に、知人の車で来ているので乗っていかないか、と誘われたので、その誘いに乗ることにした。

SM氏の後に付き、歩いていくと、SM氏の知人の車は、舗装のされていない、臨時の駐車場のような場所に停めてあった。車種はホンダのインテグラ。4ドアの乗用車である。
係員のおじさんが、"困るんだよ勝手に停めちゃ"と、文句を言って来た。どうやら、契約者の駐車場だったらしい。"ここに停めてと言われたので停めたんだだ"と、反論するSM氏の知人。係員のおじさんも、それ以上は追求してこず、小生らは何事もなかったように車上の人となった。

SM氏の知人が単なる佐野女史のファンではないことは、中京競馬場の駐車場を出発してすぐにわかった。カーステレオから流れてくる曲は、マニアの選曲といえるものだったのだ。佐野女史の専門ミニコミである"おれんじ★てぃー"の編集人も、この道のマニアと呼べる域に達していると思われたのだが、小生も含め、佐野女史は、マニア好みのアイドルなのかもしれない。

小生の家最寄りのインターチェンジで、SM氏の知人のインテグラから降ろしてもらう。
インターチェンジから、その最寄りの鉄道駅まで歩くつもりでいたのだが、その距離が、小生が想像していた以上にあったので、結局、最寄りの鉄道駅までタクシーを使ってしまったので、交通費の節約にはならなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

1988年6月25日

本日は"静岡第一テレビ"の公開生放送番組"JanJanサタデー"観覧のため、静岡までやって来た小生。

本日の"JanJanサタデー"は、静岡駅ビル"パルシェ"からの放送となっている。

"パルシェ"からの放送となる"JanJanサタデー"1988年3月19日にも参加しているので、勝手がわかっている。

本日の出演者は、チャイルズの3名と国実百合女史である。


国実女史出演ということもあり、"知美ちゃん新聞"スタッフのNM氏も来場している。


国実女史は「ボーイフレンド」。チャイルズは「恋は魚河岸のごとく」を歌唱した。


終了後、NM氏とともに、名古屋に向かう。
名古屋市営地下鉄東山線に乗車、本山で下車する。

名古屋大学アイドル研究会の編集部となっている第二陽気荘に電話すると、名古屋大学アイドル研究会のUS氏から、本山駅前にあるミニストップで待つように、とのこと。しばらくしてUS氏がやってきて、小生とNM氏は、本山駅前から水路に沿った道を、歩いて10分程。第二陽気荘へと案内された。


この日は第二陽気荘に宿泊した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

1988年6月21日

本日は、シャープ東京ショールームにて開催される、文化放送の公開録音番組"シャープ・アイドル・アイドラ・アイドリー"に参加するため、1988年2月23日以来の市ヶ谷駅までやってきた小生。

本日のゲストは佐野量子女史。

平日ということもあり、集まった知人にオリ通寄稿士はおらず、佐野女史関係者がほとんどであった。


佐野女史の専門ミニコミ誌編集人のAN氏が、観客の中から呼び出され、佐野女史と話をするという、僥倖を授かることとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

1988年6月12日

オリコン通信寄稿士のペンネーム"津田川優"氏らとともに、"知美ちゃん新聞"編集長宅に宿泊した小生。
前日は夜更かししたため寝不足気味である。

"知美ちゃん新聞"編集長宅に宿泊したこともあり、本日は朝早く起こされ、"知美ちゃん新聞"編集長宅を出発、五日市街道を歩き、新高円寺駅から帝都高速度交通営団の丸ノ内線に乗車、銀座駅で下車。
朝の6時30分に、山野楽器銀座本店前まで連れてこられた小生であった。
本日ここで、西村知美女史のイベントが開催されるのである。


時期的には、アルバム『天使時間』の発売に合わせたキャンペーンということになるのであるが、ここのところの西村女史は"ノンちゃんの夢"の撮影に忙しいためか、5月25日発売の西村女史11枚目のシングルレコード「天使のゆびさき」、6月10日発売のアルバム『天使時間』とも、オリコン・ウィークリー誌に掲載された広告に、キャンペーンの告知はなかった。
今回のイベントは、"ノンちゃんの夢"撮影の合間に、急遽決定して開催されたイベントなのであろう。
"ご招待券"では、"ファンの集い"という位置づけになっていた。

19880612西村知美ファンの集いご招待券(表)(150dpi)

最近、西村女史のイベントが少ないこともあるのだろう。6時30分という時間にもかかわらず、既に50人以上の整理券待ちの列ができていた。
徹夜した者もいるとのことであった。


10時頃整理券が配布されると、列は霧散し、小生らもしばらく銀座界隈で時間をつぶす。
ただし、雨が降ってきたこともあり、屋根がある場所限定ではあるが。

しばらく時間をつぶした後、山野楽器銀座本店にもどってきて、会場に入場。
イベント会場は、4階ホールJamSpotである。
いつのまにか"JamSpot"という愛称がついている。

本日の参加者は、オリコン通信寄稿士ではペンネーム"渡辺洋"、"西崎知紀"、"津田川優"、"スイク2ミトカイ"の各氏。"知美ちゃん新聞"関係ではTT、NM氏の各氏。
小生らは無事入場できたが、会場外には入場しきれないと思われるほどの人があふれていた。
予定よりも早く、12時45分頃イベント開始。

西村女史は、アルバム『天使時間』の収録曲「TOO・SHY」を歌唱。
その後短いMCがあり、すぐに握手会に移った。
イベントが2回まわしになったのかもしれない。

イベントが終了したのだが、まだ昼ちょっと過ぎ、雨も小雨になってきた、ということで、中野の"デイリーチコ"に行こうということで、話がまとまった。
"デイリーチコ"とは、最近西村女史ことあるごとに話題にしている、中野ブロードウェイにあるソフトクリームの店である。


銀座駅で、帝都高速度交通営団丸ノ内線の電車に乗車し、中野坂上駅で下車する。
地上に出ると、雨はほぼ止んでいた。
ここからは、小生が道案内を務める。
青梅街道北側の歩道を西進、大きな集合住宅の先を右折し、路地に入る。三角形の公園を右に見る道を選ぶ。ここが間違いやすいところである。
道が下り坂に入ると右側が堀越学園の校舎である。本日は日曜日なので、校門は閉ざされ、人気はない。

大久保通りを渡り、少々遠回りになるが、一旦右折し、そして左折、谷戸小学校の前の城山中央通りを進む。
小学校前の中野湯を過ぎ、寿屋、とんぼ食品、ちょいと亭、を通りすぎ、左折。
ビデオデッキを持っていなかったころ、テープを購入して録画してもらった、キューレイ無線を通過。城山公園先の五叉路で、右斜め前の坂を登る。
公会堂通りを渡り、中野公会堂、プラネタリウムのある中野文化センター方面には向かわず、JRのガードを潜り、北野神社前の道を通って、仲見世通りに出て右折。居酒屋なかのむらの1号店を過ぎて左折。
中野サンモールを北上し、中野ブロードウェイに入り、エスカレーターを下り、Uターンすると、"デイリーチコ"に到着する。

中野坂上からここまで歩いただけで、小生的には充分中野を堪能したところである。
あとは、"牛友チェーン"の"辛サカナ"、"タブチ"の"中華丼"か"鳥やさい"か黒い"辛口カレー"、"帝国"のハヤシライスを 食べれば完璧ではあるが、さすがに本日全てを食べるわけにはいかない。
とりあえず、デイリーチコで3段重ねを食す。
8段に挑戦する同行者もいたが、8段重ねとは、過去をさかのぼること5年と少々小生がはじめてデイリーチコに来たとき、それを何分かで完食すると"オートリバースウォークマン"をプレゼントする、といった企画をおこなっていたような代物である。それが何分だったかは忘れたが、半年くらいは"オートリバースウォークマン"のプレゼントの貼り紙があったので、時間内に食べきるのは、簡単なことではなかったのであろう。
小生は、そんな8段重ねを注文するという無謀なことはしない。

中野ブロードウェイを出た後、本日は同行者に"タブチ"を紹介した。あと2日あとだったら、半額券をもらえる"牛友チェーン"を紹介したであろうが、それはまたの機会としよう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

1988年6月11日

渋谷にて、オリコン通信寄稿士が主なメンバーとなっている同人の飲み会が開催された。
会場は恒例の日本橋亭。
参加者は、オリコン通信寄稿士のペンネーム"渡辺洋、"JVCの周美今日"、"スイク2ミトカイ"、"西崎知紀"、"PINK TANK"、"大谷渚"、"さわやか天使の輪"、"きっぱら一人"、"GPZ-250"、"津田川優"の各氏。他に"知美ちゃん新聞"関係でTT氏、NM氏も参加していた。

終了後は、"知美ちゃん新聞"編集長氏宅に宿泊した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

1988年6月4日

本日は有楽町の日立ヤングプラザで開催される"日立ハローサタデー"の公開生放送に参加するため、有楽町にやってきた小生。
有楽フードセンターにて、オリコン通信寄稿士 のペンネーム"渡辺洋"氏から、ソニービルで、伊藤美紀女史を観ることができるという情報をえたため、有楽フードセンターからほど近いソニービルに向かう。

ソニービルでは、テレビ東京の番組"E子のランチタイム"の収録がおこなわれていた。
伊藤女史は、この夏発売される新曲、「しゃきしゃきビーチタウン」を歌唱した。
オリコン通信寄稿士のペンネーム"渡辺洋"氏の解説によると、この曲は洋楽のパクリとのことであるが、小生は元歌を知らなかったので、そのパクリ具合はなんとも言えないところであるが、曲自体は、前作までとはイメージを変えた意欲作であるように感じた。

その後は、日立ヤングプラザに移動し、"日立ハローサタデー"の開始待ちである。

本日の"日立ハローサタデー"の出演者は、太田貴子女史と生稲晃子女史。
本日集まった面々は、オリコン通信寄稿士では、ペンネーム"JVCの周美今日"、"スイク2ミトカイ"、"PINK TANK"、"大谷渚"の各氏。他に知美ちゃん新聞スタッフのNM氏といったところ。

生稲女史目当てであろうか。本日は、観客が多かった。
太田女史は新曲が出ないが、大丈夫であろうか。

放送終了後、新宿に移動。
その後帰宅した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »