« 1989年3月26日 | トップページ | 1989年4月2日 »

2019年4月 1日 (月)

1989年4月1日

本日は"静岡第一テレビ"の公開生放送番組"JanJanサタデー"観覧のため、浜松までやって来た小生。

 

本日の"JanJanサタデー"は、"サ~ラシティ浜松"からの放送となっている。"サーラシティ浜松"でなく"サ~ラシティ浜松"と表記するようである。

 

"サ~ラシティ浜松"は、浜松駅南口から徒歩5分ほどにある施設で。

 

 

本日のゲストは、佐野量子女史と、岡本南女史。
小生が会場に到着した頃には、舞台前に並べられた200人程の座席の半分以上は埋まっていた。

 

17時10分、司会のラサール石井氏、小森まなみ女史、きすみかなこ女史が登場し放送開始となった。
続いて佐野女史と岡本女史が登場。

 

コマーシャル開けは:"'89ミスサ~ラシティコンテスト"の2次審査の結果の発表。
発表した番号が、舞台上の候補者が付けていた番号札と違っていたというハプニングがあった。

 

"サ~ラシティ浜松"の紹介。
"サーラ"は
space art living amenity
とのこと。
プール、テニスコート、アスレチックジム、ポディソニックスタジオ、ジョギングスペース、ゴルフスペースなどのスポーツ施設の他、食堂街、カルチャークラブなどがあるそうである。

 

ここでコマーシャルに入り、コマーシャル開けが、"Janサタ トップ10"のコーナー。
順位は、
第10位 ロコモーション・ドリーム 田村英里子
第9位 桜桃記~ひとひら~ 小川範子
第8位 激愛 長渕剛
第7位 Room チェッカーズ
第6位 NEVERLAND 浅香唯
第5位 地球をさがして 光GENJI
第4位 RUNNER BAKUFU-SLUMP
第3位 TIME ZONE 男闘呼組
第2位 TM NETWORK JUST ONE VICTORY
第1位 涙をみせないで Wink
であった。
Winkは来週のJan Janサタデーのゲストだそうである。

 

引き続き、"Janサタ ビデオトップ10"のコーナーとなり、まずランキング発表。
第10位 異人たちとの夏 SHV
第9位 ヒドゥン CBS/FOX
第8位 プリズン CICビクター
第7位 ビッグ・ビジネス バンダイ
第6位 クロコダイル・ダンディー2 CICビクター
第5位 ウィロー RCA
第4位 スペース・ボール MGM
第3位 さよならゲーム RCA
第2位 プレシディオの男たち CICビクター
第1位 レッド・ブル 東和

 

その後、第10位『異人たちとの夏』の紹介。
新作ビデオ『ポルターガイスト3』の紹介。

 

 

ビデオの紹介が終わると、岡本南女史が舞台上に登場。
岡本女史はスポーツは不得意で、ハードルは、飛ばないで持って走ってしまう。
部活動は、中学のときに、ハンドボール部とバスケットボール部だったがレギュラーメンバーにはなれなかったとのことであった。

 

そして岡本女史が「DON-MAI」を歌唱。

 

 

 

歌の後コマーシャルが入り、コマーシャル開けは、"マリオ中村のスーパー裏技英会話"のコーナー。
"マリオ中村のスーパー裏技英会話"のコーナー終了後、再びコマーシャルとなった。

 

 

コマーシャル開けに、"'89ミスサ~ラシティコンテスト"の結果発表。
まずは、純ミスの2名の発表。伊藤由美子女史、小澤法子女史の2名が選ばれた。
その後、 ミスサ~ラーシティの発表。川島史子女史が選ばれ、インタビューき後、コマーシャルに入った。

 

コマーシャル開けに佐野女史が、「さよならが聞こえない」を歌唱。

 

 

引き続きインタビュー。
佐野女史は、本日沖縄から静岡入りしたそうである。

 

 

佐野女史が歌唱が終了しそのまま"テレホンクイズ"のコーナー。エンディング。番組終了となった。

 

 

番組終了後、浜松駅に移動、新幹線に乗車。
東京駅で佐野女史一行を見送り、小生は蒲田へ移動、大田区多摩川に宿泊した。

|

« 1989年3月26日 | トップページ | 1989年4月2日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1989年4月1日:

« 1989年3月26日 | トップページ | 1989年4月2日 »