« 1989年4月15日 | トップページ | SUNPU博89パンフレット »

2019年4月16日 (火)

1989年4月16日

本日はSUNPU博89"の会場内で開催される、"SBS歌謡ベストテン"の公開生放送に参加するため、静岡市へとやってきた小生である。

 

静岡駅から歩いて10分程で駿府城に到着する。駅から最も近い"SUNPU博89"の会場入り口は、3月に完成したばかりの巽櫓となっている。

 

入場、"SUNPU博89"会場内の特設ステージ前の座席の最前列を確保した。
その後、しばし、会場内を散策する。
静岡県出身者が紹介されているコーナーの中に、佐野女史の名前を見つけた。

 

本日は、"SBS歌謡ベストテン"の公開生放送なので、音合わせを見越して、12時30分より少し前に特設ステージ前へと戻った。

 

"SBS歌謡ベストテン"の公開生放送に参加するのは、1988年8月21日以来である。

 

13時に放送が開始された。
本日の出演者は、佐野女史の他、少女隊の3人である。
"SBS歌謡ベストテン"では、出演者が揃うのは番組開始時と終了時のみで、他の時間帯は、司会の二人のアナウンサーと出演者1名(組)のみが舞台上にいるという状態となる。

 

本日は、佐野女史が最初の出演者であった。
「EVERLANDへようこそ」
のイントロが流れだし、佐野女史の持ち時間が始まる。
ほっかほっか亭から"ミソカツ弁当"が出るというM.C.などがあり、佐野女史の時間が終了した。

 

さて、次は少女隊の時間だ、というときに、佐野女史のマネージャーの鈴木氏が、番組スタッフに挨拶をしているのが見えた。佐野女史は番組終了前に帰るのかもしれない、ということで、最前列に陣取った佐野女史のおっかけ一同は、一斉に撤収をし、静岡駅へと向かうこととなってしまった。
少女隊には申し訳ないことをしたが、少女隊ファンの方々がきっと最前列を埋めてくれるだろう。

 

静岡駅で待つこと1時間程、佐野女史がやってきた。
静岡まで自家用車で来た組は、駅で佐野女史を見送り。
小生ら電車組は、新幹線に乗車する。なお、小生は途中駅で下車し、佐野女史を見送った。

|

« 1989年4月15日 | トップページ | SUNPU博89パンフレット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1989年4月16日:

« 1989年4月15日 | トップページ | SUNPU博89パンフレット »