« 1989年4月23日 | トップページ | 佐野量子デザイン ミソカツ弁当 包み紙 »

2019年4月30日 (火)

1989年4月30日

前日から、大田区多摩川に宿泊した小生。
横浜博覧会の開場内から放送される、ニッポン放送のラジオ番組"サンデーヒットパラダイス"に、佐野量子女史がが出演するという情報を得ており、これから横浜博覧会の会場へと向かうところである。


横浜駅改札を出て東口へと向かい、そごう横浜店を取り巻くペデストリアンデッキへと登る。

そごう横浜店の横に、横浜博覧会会場へと向かうゴンドラリフトの乗り場がある。

本日はこのゴンドラリフトで横浜博覧会会場へと向かった。


ゴンドラリフトを降り、"ゴンドラゲート"から横浜博覧会会場に入場し、まずは本日のイベント会場へと直行する。

浅井企画から得た情報では"海のパビリオン"が会場とのこと。

博覧会会場内の海に面した部分を案内図で確認してみると、海に突き出8角形の構造物に振られた②の番号の説明書きが"海のパビリオン"となっていた。


海のパビリオンに到着。

すでに"サンデーヒットパラダイス"の放送は開始されていた。


観客は思いの外少なく、小生ら10人程の集団の他、高杢氏目当ての女性たちと、少々の家族連れ合わせても、200人程であろう。


8角形の桟橋状の構造物の内側は、イルカなどが飼育されている生け簀になっている。
高杢氏や佐野女史という明確な目的を持っている者以外では、横浜博覧会の会場の中の最もはずれと言える場所に位置しているこの"海のパビリオン"まで来る観客はそれほど多くはないのだろう。


晴天の下、チェッカーズの高杢禎彦氏や佐野女史は、海側の桟橋上に設置された建物の中にあるサテライトスタジオの中におり、観客は、陸側からその姿を観ている、という光景が展開していた。
佐野女史は、ときおり建物の中から出てきて、イルカと戯れたりしていた。
10時40分、本日のゲストである小川美由希女史が「Never Give Me Up!」を
引き続き、佐野女史が「さよならが聞こえない」
それぞれ、1曲歌唱した後、サテライトスタジオ内に戻っていった。
12時前に番組が終了。
小生らが注目している中、高杢氏、佐野女史らは、桟橋に停泊していた船に乗り込み、その船は沖へと消えていってしまった。
さすがチェッカーズの高杢氏。出待ち対策も万全であった。


残された小生らは、帰路は、桜木町からJR線に乗車し帰宅した。


 

|

« 1989年4月23日 | トップページ | 佐野量子デザイン ミソカツ弁当 包み紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1989年4月23日 | トップページ | 佐野量子デザイン ミソカツ弁当 包み紙 »