2018年9月30日 (日)

第6回全国都市緑化なごやフェア緑・花・祭なごや’88会場案内図

今回紹介する品は、"第6回全国都市緑化なごやフェア緑・花・祭なごや’88"の会場案内図である。

二つ折りにしたときにタブロイド判となる判型。
アート紙に両面カラーグラビア印刷となっている。


19880930-1123第6回全国都市緑化なごやフェア緑・花・祭なごや’88会場案内図(タブロイド判×2表)(150dpi)


19880930-1123第6回全国都市緑化なごやフェア緑・花・祭なごや’88会場案内図(タブロイド判×2裏)(150dpi)

第6回全国都市緑化なごやフェア緑・花・祭なごや’88は、当時雨後の筍のごとく各地で開催された"地方博"とは異なり、"全国都市緑化フェア"という出自を持ったイベントであった。
参加する側からすれば、入場料を支払って会場に入場し、○○ステージと名付けられた場所で、出演者を観るのみで、名称や目的やテーマなどは、どうでも良いのことなのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

東武動物公園’88秋のビッグフェスティバルチラシ

今回紹介する品は、1988年秋に東武動物公園で開催された一連のイベント"’88秋のビッグフェスティバル"のチラシである。

判型はA4。
両面カラーグラビア印刷となっている。

198809-11 東武動物公園'88秋のビッグフェスティバルチラシ(A4表)(150dpi)

こちらがおもて面となろう。

東武動物公園の"ハッピーオンステージ"で開催されるイベントが掲載されている。

9月15日"ウエスタンカーニバル"平尾昌晃、山下敬二郎、守屋浩、森山加代子
9月18日(日)中村由真
9月23日(祝)酒井法子
9月25日(日)渡辺美奈代
10月2日(日)山瀬まみ、内海和子
10月9日(日)佐野量子
10月10日(祝)芳本美代子、国実百合
10月16日(日)高橋良明
10月23日(日)榊原郁恵
10月30日(日)岡本南
11月3日(祝)早見優
11月6日(日)長与千種、ライオネス飛鳥
11月13日(日)小川範子
11月20日(日)西村知美
11月23日(祝)石川秀美
11月27日(日)相川恵理

198809-11 東武動物公園'88秋のビッグフェスティバルチラシ(A4裏)(150dpi)

裏面は、"ハッピーオンステージ"で月代わりで開催される"TVヒーローショー"と、東武動物公園のイベントの紹介となっている。

11時と、14時30分は座席指定となっていたので、歌手目当てのお兄さんお姉さんは、12時と13時30分の"TVヒーローショー"の間は、お子さまに席を譲ることができたのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

華子通信第9号

今回紹介する品は、"華子通信第9号"である。

当然ながら、"華子通信"の"華子"は"麻田華子"の"華子"のことである。
判型B4判。2色刷り両面オフセット印刷。
オリ通寄稿士のペンネーム"きっぱら一人"氏からいただいたものと記憶している。


華子通信第9号(表)(150dpi)

右上に発行日等が記載されている。
発行の"おめざめマンボ"の正式名称は"三宅裕司のおめざめマンボ"。
土曜日朝の、生放送風の仕立ての、録画収録番組であった。


この号で最も注目すべき情報は、麻田華子女史がデビュー曲「好き♡嫌い」を歌唱する際に、麻田女史の後ろで楽器演奏のアテ振りをしている4人組についての記事であろう。
その記事から、その4人組が、
猪股隆司
星野雅美
小木戸裕子
藤田朋子
(敬称略)の4人からなる"P-Kids"という名称のグループである、ということがわかるのである。
ただし、この記事では、誰がどの立ち位置にいるかは不明。
Web上で、向かって右から2人目のサックスを持っているのが星野雅美氏である、という情報は得られた。

華子通信第9号(裏)(150dpi)

この、"華子通信"は、土曜日の朝に、麻田華子女史自らが、原宿駅前の街頭で配布をしていたのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

第23回三浦海岸フェスティバルチラシ

今回紹介する品は、京浜急行電鉄株式会社と株式会社アール・エフ・ラジオ日本が主催し、毎夏三浦海岸を舞台に開催されていた"三浦海岸フェスティバル"の、1988年・第23回開催時のチラシである。

判型はA4。コート紙、片面はカラーグラビア印刷、もう片面は3色刷りのオフセット印刷となっている。

19880000第23回三浦海岸フェスティバルチラシ(A4表)(150dpi)

このチラシにも記載されているとおり、毎年、夏になると、京急三浦ビーチセンター前の砂浜に特設ステージを設置し、連日ラジオ日本の公開放送が実施されていた。1988年は、キッドカットと青空一歩三歩の司会による"SUMMER ENTERTAINMATN’88"と題された番組が放送されていた。

また、京浜急行では、"ミュージックトレイン号"という、特別列車を運行したいた。"ミュージックトレイン号"には、その日の出演者が同乗し、車内でイベント等が実施されていた。

出演者(以下略敬称)は
7月24日:THE Good-Bye、太田貴子、斉藤満喜子、Be-2、未来童子(THE Good-Bye、太田貴子は昨年に引き続いての出演)
7月25日:いんぐりもんぐり、ディンジャー、橋本実加子、ピンクジャガー、川島みき(ディンジャーは昨年に引き続いての出演)
7月26日:森川由加里、少女隊、Babe、伊藤美紀(伊藤美紀は昨年に引き続いての出演)
7月27日:松本典子、森口博子、我妻佳代、パンプキン、生稲晃子(松本典子、森口博子は昨年に引き続いての出演)
7月28日:酒井法子、小川はる美、相川恵里、山崎真由美、未来童子(酒井法子、未来童子は昨年に引き続いての出演)
7月29日:山本ゆかり、宮里久美、清水香織、秋山絵美、姫乃樹リカ(清水香織は昨年に引き続いての出演)
7月30日:シブがき隊、KAYOCO、統乃さゆみ、川奈雅子(シブがき隊は昨年に引き続いての出演)
7月31日:渡辺美奈代、森下恵理、杉本彩、西川弘志、中島夕紀絵(中島夕紀絵は昨年に引き続いての出演)
8月1日:浅香唯、翔、ストリートダンサー、芹沢直美、A-Cha(ストリートダンサーは昨年に引き続いての出演)
8月2日:西村知美、北岡夢子、宮崎純、安永亜衣、島崎路子(西村知美は昨年に引き続いての出演)
8月3日:芳本美代子、藤井一子、真弓倫子、守谷香、国実百合(芳本美代子、藤井一子、真弓倫子、守谷香は昨年に引き続いての出演)
8月4日:長与千種、山瀬まみ、西由梨絵、田中律子、間下このみ(長与千種、山瀬まみは昨年に引き続いての出演)
8月5日:立花理佐、中村由真、麻田華子、ファイヤージェッツ、レモンエンジェル
8月6日:佐野量子、吉沢秋枝、畠田理恵、WeWe、深野晴美(佐野量子、吉沢秋枝、畠田理恵、は昨年に引き続いての出演)
8月7日:荻野目洋子、西田ひかる、未来童子、アンナアン、大井裕子(未来童子は昨年に引き続いての出演)

となっている。
昨年は土曜、日曜日には大人向けと思われる出演者もいたのだが、今年はほぼ若者向けの出演者となった。

有名どころから、いわゆるマイナーアイドルまで網羅した出演者であるが、新陳代謝は不可避なのであろう。
昨年出演していて、今年は出演しない者は、桑田靖子、杉浦幸、宮崎忠一とデキシー・キャッスル、高井麻巳子、ブスッ子くらぶ、岡谷章子、池田政典、石田ひかり、伊藤智恵理、岩城憲&THARS PROJECT、石井明美、ポピンズ、MARO、長谷川弘、徳永エミ、ケイコウォーカー、飯塚文雄、ホットストリートバンド、織田裕二、金子美香、内海和子、牧野アンナ、アイリーン&エリカ、山下直美、BEE PUBLIC、水谷麻里、勇直子、仁藤優子、葉山レイコ、石川優子、ピンボール、キャリアン、倉沢淳美、森川美穂、桃太郎、薗田憲一とデキシー・キング、小柴大造、岩崎元是とWINDY、といった面々であった。

裏面は、京浜急行沿線のうち、三浦半島部分海水浴場マップといったつくりとなっている。

19880000第23回三浦海岸フェスティバルチラシ(A4裏)(150dpi)

チラシの中の時刻表には、ミュージックトレイン号の表示もある。
この頃の三浦海岸フェスティバルは、夏の一大イベントであったと言えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

佐野量子「TOMORROW」チラシ

今回紹介する品は、佐野量子女史11枚目のシングルレコード「TOMORRWO」のチラシである。
判型はA5。コート紙に片面カラーグラビア印刷されている。
入手経路は押されたゴム印にあるとおり、"上野松坂屋"。
チラシにも記載されている、佐野女史のサマーキャンペーン"TOMORROW~夢いろの旅~"に参加するため、7月17日に上野松坂屋を訪れた際にいただいたものである。

佐野量子「TOMORROW」チラシ(A5)(150dpi)

使用されている写真は、「TOMORROW」のジャケットと同衣装のもの。
なお、告知ポスターでは佐野女史は水着を着用しており、全く別のものとなっている。
ただし、キャンペーンの告知ポスターというべき、ジャケットと同衣装の写真を使用したポスターも別に存在している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

伊藤美紀「哀愁ピュセル」発売告知チラシ

今回紹介する品は、伊藤美紀女史2枚目のシングルレコード「哀愁ピュセル」の発売告知チラシである。

判型B5判より大きくA4判より小さい330mm×425mmという特殊なもの。
アート紙片面カラーグラビア印刷。
入手経路は不明。

使用されている写真は「哀愁ピュセル」のジャケットと同じものである。

なお、「哀愁ピュセル」は、そのジャケットに記載されているとおり、"タイトー〝奇々怪界〟CMソング"となっている。
そういったこともあってか、このチラシは"奇々怪界 怒濤編"の発売告知も掲載されている。

伊藤美紀「哀愁ピュセル」チラシ(330mm×425mm表)(150dpi)

また、このチラシには、
伊藤美紀セカンド・ファン・イベント-"ヴァージン・タッチ・ツアー2"スケジュール
として、次のとおり、日時、場所が掲載されている。

7/27(月) 14:00~ 天満橋松坂屋屋上
      17:00~ 京都近鉄百貨店屋上
7/28(火) 15:00~ 神戸ポートピアランド
7/30(木) 15:30~ 東京後楽園ゆうえんち
8/ 1(土) 15:00~ 大分OBSサービス
8/ 3(月) 13:00~ 福井ショッピングシティピア「太陽の広場」
8/ 5(水) 13:30~仙台エンドーチェーン駅前店レインボーホール
8/ 6(木) 11:00~ 広島そごう屋上
8/10(月) 11:00~ 昭島駅北口前モリタウン・エスパ
8/13(木) 11:30~ 蒲田ファッションステーションパリオ屋上
8/14(金) 12:00~ 西武百貨店所沢店屋上
8/16(日) 16:30~ 札幌そごう2F
8/21(金) 12:00~ 名古屋ハートランド
8/22(土) 12:00~ 浜松イケヤ
8/23(日) 18:30~ 名古屋市公会堂(アイドルビデオクラブ「CUE」イベント)
8/24(月) 11:00~ 千葉パルコ屋上
8/25(火) 11:00~ 大宮We4Fオープンステージ
8/26(水) 15:00~ 福岡都久志会館
8/27(木) 11:00~ 町田小田急百貨店屋上
8/30(日) 14:00~ 熊本同仁堂ホール
8/31(月) 17:00~ 長崎浜屋デパート屋上

全国21か所のキャンペーンであり、事務所・レコード会社が力を入れていたことが伺える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

佐野量子 宇都宮商工会議所中小企業相談所チラシ(B5表)(150dpi)

今回は紹介する品は、宇都宮商工会議所中小企業相談所のチラシである。


表面中央に佐野量子女史の写真が配されたチラシとなっている。

入手経路は不明。栃木県在住の知人からいただいたものである可能性が高い。

B5判両面カラーグラビア印刷となっている。
時期的には1987年頃のものと思われる。

佐野量子 宇都宮商工会議所中小企業相談所チラシ(B5表)(150dpi)

佐野量子 宇都宮商工会議所中小企業相談所チラシ(B5裏)(150dpi)

宇都宮商工会議で佐野女史の写真入りのチラシが作成された経緯は不明。
事務所等から、佐野女史が宇都宮商工会議所の広告媒体に出る、といった告知がされたことはなかったと記憶している。
佐野女史は、1987年に東京商工会議所のイメージガールを務めていたので、何らかの関係があるのかもしれないが、詳細は不明である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

伊豆富士見ランド ザ・ペリカンフェスティバルチラシ

今回紹介するのは、1988年の伊豆富士見ランド"ザ・ペリカンフェスティバル"と銘打たれたイベントのチラシである。

判型はB5、コート紙に両面カラーグラビア印刷となっている。

伊豆富士見ランドでは、館内の演芸ホールにて、常打ちの定期ショーを開催していたが、春休み、いわゆるゴールデンウィークの期間、夏休みの期間には、定期ショーの他、追加でイベントを打つこともあった。
小生が1985年5月3日に参加したイベントがまさにそれである。


チラシ裏面は、定期ショーと"春休みチビッっ子お楽しみショー"の告知面となっている。

春休みチビッっ子お楽しみショーとしては、
キョンシーショー
光戦隊マスクマンショー
聖闘士星矢ショー
が、各2日間開催されている。

"お問い合わせ先"が記載されているこちらの面が裏面である、と判断した。

198803-05伊豆富士見ランド ザ・ペリカンフェスティバルチラシ(B5裏)(150dpi)

そしてこちらが表面となる、"ザ・ペリカンフェスティバル"の告知面である。
なお、"ペリカン"とは、日本通運の宅配便事業"ペリカン便"のペリカンであることは、チラシに掲載されたペリカンの絵により一目瞭然である。

198803-05伊豆富士見ランド ザ・ペリカンフェスティバルチラシ(B5表)(150dpi)

"ザ・ペリカンフェスティバル"の出演者は
3月21日(月)中村由真
3月26日(土)相楽ハル子
3月27日(日)橋本実加子
4月3日(日)畠田理恵
4月29日(金)パンプキン
5月3日(火)芳本美代子
5月4日(水)松本典子
5月5日(木)網浜直子
となっている。

出演者の顔ぶれは、無難といった印象。

"春休みチビッっ子お楽しみショー"の日と"ザ・ペリカンフェスティバル"の日は重ならないように設定されている。

会場となる演芸ホールはカーペット敷きで、座布団に座って舞台を見上げるという観覧方式であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

佐野量子 1stオリジナルビデオ発売告知チラシ

今回紹介する品は、佐野量子女史の"1stオリジナルビデオ"の発売告知チラシである。

判型はB5版、色上質紙に片面単色オフセット印刷となっている。
入手先は不明。

佐野量子 1Stオリジナルビデオ発売チラシ(B5表)(150dpi)

このチラシが作成された時点では、発売されるビデオのタイトル決まっておらず、『THE CONCERT DAY~Image & Live(仮題)』という表記がされている。
実際には『C’est Latue』というタイトルで発売された。

このチラシに使用されている写真は、ビデオ撮影時に併せて撮影したスチール写真であり、佐野女史が抱いている子供は、実際発売されたビデオの中でも登場している

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

佐野量子 RYOKOのタウンタウンプレゼント チラシ等

今回紹介する品は、1987年秋に、テレホンカード発売5周年に合わせて開催された、"RYOKOのタウンタウンプレゼント"関係の品々である。

いずれも、1987年12月6日に、NTT大森電話局でいただいたものである。


ステッカー。
縦890mm、横860mmの変形サイズ。
佐野量子 NTT“RYOKOのタウンタウンプレゼント”ステッカー(150dpi)


ハガキ。
佐野量子 NTT“RYOKOのタウンタウンプレゼント”申込みハガキ(表)(150dpi)
佐野量子 NTT“RYOKOのタウンタウンプレゼント”申込みハガキ(裏)(150dpi)


チラシ。
縦213mm、横100mm

佐野量子 NTTテレホンカードキャンペーン モデルデザインカード申込み促進チラシ(裏)(150dpi)


この他にも、屋外に立てる大きな"のぼり"。
卓上用の吸盤付きの旗竿とそれに取り付けられた小さな"のぼり"。
もいただいたのだが、紙物以外は、小生が引っ越しするときに処分してしまったので今はない。

他に、相性占いカード、ジグソーパズル、オペラグラスがあるはずなのたが、見当たらない。
これらについては、発掘されたときに紹介したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧