2019年6月17日 (月)

1989年6月17日

日比谷シャンテ合歓の広場にて、"土曜の夜につかまえて!"の公開録音に参加。

その後、オリコン通信寄稿士のペンネーム”渡辺洋”氏宅に宿泊した。

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

1989年6月1日

本日は、TBSホールにおいて、"あたまの中はおもちゃランド"というラジオ番組の公開録音イベント”赤坂まるごとライブ佐野量子”が開催される日である。

"あたまの中はおもちゃランド"、"スーパーギャング-コサキン無理矢理やり100%-"の増刊という扱いの佐野女史のラジオ番組であり、  土曜日の夜に10分間放送されている。

本日は木曜日ということもあり、TBSホールでのイベントの開始は夕刻であったため、赤坂に行く前に、半蔵門あたりを歩いていると、エフエム東京の前で、吉田真里子女史に遭遇した。

その後赤坂に到着。TBSホール前に集まっている者たちは、いつもの佐野女史のイベントに集まる者とはだいぶ異なる風合いをしているようであり、割合ではいわゆる"コサキンリスナー"が大勢を占めているといった状況のようであった。

TBSホールに入場。TBSホールに入場するのは1989年2月11日以来である。

確保できた席は、ホール内の中程よりも後方の列。舞台を見下ろすような場所であった。

舞台には楽器が置かれている。”赤坂まるごとライブ佐野量子”という看板に恥じぬ、生バンドを奢ったイベント。「EVERLANDへようこそ」のイントロが流れだすと、佐野女史が登場、白いブラウスに、黒地に白のドットのスカートという出で立ちであった。曲の途中でスカートが落ちてしまうというハプニングがあったが、”下に着てるシャツ長いからだいじょうぶでしょ”との本人談。実際、後方にいた小生からは、シャツに隠れているようには見えたが。

歌の合間に、会場内から選ばれた5人がミソカツ弁当を食べる、というコーナーがあった。ほっかほっか亭がこのイベントに協賛しているのかもしれない。かつては、こういったコーナーには誰かしら知人が選ばれていたものであったが、最近はそういったことも少なくなった。
ということで、座席が後方だったことを除けば、無料、生バンドで、スカートも落ちるという、なかなか充実したイベントであった。

終演後、出る待ちする知人を残し、小生は早々に帰宅した。

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

1989年5月28日

前日から大田区多摩川に宿泊していた小生。本日、小生は、川崎アゼリア地下街のスタジオアゼリアで催行される、文化放送の"アゼリアPOPパーティー"の公開録音に参加した。

本日の出演者は、増田未亜、小林彩子、麻田華子、円谷優子の各女史であった

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

1989年5月13日

本日は、東急ケーブルテレビの"ビデオ・ジョッキー"の公開録画を観るため、たまプラーザ駅そばの東急ケーブルテレビのスタジオにやってきた小生である。
小生が"ビデオ・ジョッキー"の収録に参加するのは1988年9月3日以来である。

本日の"ビデオ・ジョッキー"の出演者は増田未亜女史であった。
番組中に、観客が参加するゲームコーナーがあったのだが、某回転木馬な芸能事務所のNM氏が舞台上に上がり、賞品の入った段ボール箱を、両手に抱えて観客席へと戻ってきたのであった。
小生は、心の中で、島田奈美に付いていなくて良いのか、と突っ込みを入れていた。
おそらく、小生の知人らも、同様の突っ込みを入れていただろう。

イベント終了後、大田区多摩川に宿泊した。

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

1989年5月7日

大田区多摩川に宿泊した小生。宿泊場所から川崎に直行し、アゼリア地下街へと向かう。

本日は、スタジオアゼリアで、文化放送の"アゼリアPOPパーティー"の公開録音が行われる日である。

本日の出演者は、河田純子、里中茶美、中島夕紀絵、佐藤忍の各女史
里中女史及び佐藤女史はデビュー前であり、小生としては初見であった。

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

1989年5月6日

本日は、佐野量子女史がロスアンジェルスに出発する日、ということで、佐野量子女史の専門ミニコミ誌スタッフのYM氏の運転するクイントインテグラに同乗させてもらい、新東京国際空港まで佐野女史見送りにいくことになったのであった。

首都高速湾岸線から東関東自動車道、新空港自動車道へと走っていくと、新東京国際空港の手前のバリアで、一旦停車。ここが新空港自動車堂の出口になるようである。料金を支払いつつ、係員に見送りに行く旨と便名を告げる。新東京国際空港は警備は厳しいため、出発便や到着便の便名を告る必要があるとのことであるが、さすがにYM氏は心得ており無事にバリアを通過することができた。バリアを通過した後の道路は新東京国際空港に直結しており、クイントインテグラを空港内の駐車場に残して、小生らは4階出発ロビーへと向かった。

小生にとっては初となる新東京国際空港への来港である。しかし感動している余裕はなく、日本武道館のアリーナよりも広そうな4階出発ロビーの中で、佐野女史を探さねばならない。佐野女史が登場予定の便は、ノースウェスト航空とのことなので、チェックインカウンターの近くで待っていればよいはずである。

やがて、想定どおり、佐野女史一行が現れ、搭乗カウンターで手続きをする。
佐野女史一行は、チェックインを済ませた後、売店で買い物等をした後、出発ロビーの中央にあるエスカレーターに向かう。エスカレーターに乗ることができるのは、搭乗券を持っている者のみである。小生らは、エスカレーターの前で佐野女史一行を見送る。佐野女史一行はエスカレーターに乗って下の階へと降りていった。

エスカレーター前で佐野女史一行を見送った小生ら、飛行機が飛び立つところまでは見送ることはせずに、新東京国際空港を後にした。

再びクイントインテグラに乗車。帰路ということで、時間に余裕があるので、首都高速湾岸線には乗らず、一般道で都心をめざす。行徳街道から今井橋、小松川橋を渡り、蔵前橋通りに入る。
蔵前橋通り沿いにあるほっかほっか亭大平店の前で一時停車、ミソカツ弁当を購入。車内で食す。
その後クイントインテグラは、”土曜日の深夜に日比谷シャンテでイベントが開催されている”という情報に基づき、有楽町へと向かい、有楽町駅駅前の消防署の近くの空いている場所に路上駐車させていただいた。

日比谷シャンテに到着すると、合歓の広場には、日比谷シャンテBOLCK3のビルディングを背にして、仮設の舞台が設置されていた。
イベントはまだはじまっていないようである。
合歓の広場には見知った顔も集まっていた。
こういう場には当然のごとく現れるオリコン通信寄稿士のペンネーム"渡辺洋"氏に、ここで開催されるイベントの内容について問うてみると、この後,、TBSラジオの"土曜の夜につかまえて!"という番組の生放送がある、出演者は、エンジェルスに彩木美来女史など、とのことであった。
オリコン通信寄稿士のペンネーム"CHAO・XX"氏が好む出演者ではあるが、"CHAO・XX"氏の姿はないようである。
そのうち、服部名人以下、通称”服部軍団”の面々も現れた。服部名人が会場を仕切っているような感じである。

22時になり、放送開始。
エンジェルスの面々、彩木女史以外にも、出演者が多数いるのではあるが、小生が認識できたのは澤崎愛子女史のみ。オリコン通信寄稿士のペンネーム”渡辺洋”氏に出演者を聞き取ると、木村真季、原田徳子、加藤房江、中江幸恵、村上弥子(敬称略)との答えが返ってきた。”ミス・アクション”関連の出演者とのことである。

放送は24時前に終わったが、皆、何となくその場に残っている。佐野量子女史の専門ミニコミ誌スタッフのYM氏は、クイントインテグラで来ているので、問題ない。小生も、蒲田行き最終電車まで時間はある。やがて、出演者が日比谷シャンテBOLCK3のビルディングから出て来た。それを見送った後、ようやくと、解散という雰囲気になった。

小生は、有楽町駅から京浜東北線の電車に乗車し、蒲田駅で下車。大田区多摩川に宿泊した。

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

1989年5月3日

憲法記念日である5月3日が水曜日に当たったということで、本日は、"笑っていいとも!"の公開生放送観覧のため、新宿アルタ前までやってきた小生である。

キャンセル待ちで入場することとなるため、大田区多摩川の宿泊場所から始発の電車で新宿へ来たのであった。

キャンセル待ちの人数は、まで一桁だった。この分なら入場できそうである。

ハガキを持っている者が入場した後、キャンセル待ちの入場人数の告知がされる。
本日は無事入場することができた。

"笑っていいとも!"の公開生放送を観るのは、1987年7月13日以来である。
その日と異なるのは、佐野女史が"笑っていいとも!"のレギュラー出演者になっているところである。

佐野女史は、昨年の10月から"笑っていいとも!" 水曜日のレギュラー出演者になっていたのであるが、小生は、一度もスタジオアルタに行っていなかったのであった。

なお、本日のテレホンショッキングのゲストと出演者はゆうゆであった。

"笑っていいとも!"終了後、引き続き"ライオンのいただきます"の放送を観覧。

そして本日は、自宅に帰宅した。

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

1989年4月30日

前日から、大田区多摩川に宿泊した小生。
横浜博覧会の開場内から放送される、ニッポン放送のラジオ番組"サンデーヒットパラダイス"に、佐野量子女史がが出演するという情報を得ており、これから横浜博覧会の会場へと向かうところである。


横浜駅改札を出て東口へと向かい、そごう横浜店を取り巻くペデストリアンデッキへと登る。

そごう横浜店の横に、横浜博覧会会場へと向かうゴンドラリフトの乗り場がある。

本日はこのゴンドラリフトで横浜博覧会会場へと向かった。


ゴンドラリフトを降り、"ゴンドラゲート"から横浜博覧会会場に入場し、まずは本日のイベント会場へと直行する。

浅井企画から得た情報では"海のパビリオン"が会場とのこと。

博覧会会場内の海に面した部分を案内図で確認してみると、海に突き出8角形の構造物に振られた②の番号の説明書きが"海のパビリオン"となっていた。


海のパビリオンに到着。

すでに"サンデーヒットパラダイス"の放送は開始されていた。


観客は思いの外少なく、小生ら10人程の集団の他、高杢氏目当ての女性たちと、少々の家族連れ合わせても、200人程であろう。


8角形の桟橋状の構造物の内側は、イルカなどが飼育されている生け簀になっている。
高杢氏や佐野女史という明確な目的を持っている者以外では、横浜博覧会の会場の中の最もはずれと言える場所に位置しているこの"海のパビリオン"まで来る観客はそれほど多くはないのだろう。


晴天の下、チェッカーズの高杢禎彦氏や佐野女史は、海側の桟橋上に設置された建物の中にあるサテライトスタジオの中におり、観客は、陸側からその姿を観ている、という光景が展開していた。
佐野女史は、ときおり建物の中から出てきて、イルカと戯れたりしていた。
10時40分、本日のゲストである小川美由希女史が「Never Give Me Up!」を
引き続き、佐野女史が「さよならが聞こえない」
それぞれ、1曲歌唱した後、サテライトスタジオ内に戻っていった。
12時前に番組が終了。
小生らが注目している中、高杢氏、佐野女史らは、桟橋に停泊していた船に乗り込み、その船は沖へと消えていってしまった。
さすがチェッカーズの高杢氏。出待ち対策も万全であった。


残された小生らは、帰路は、桜木町からJR線に乗車し帰宅した。


 

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

1989年4月16日

本日はSUNPU博89"の会場内で開催される、"SBS歌謡ベストテン"の公開生放送に参加するため、静岡市へとやってきた小生である。

 

静岡駅から歩いて10分程で駿府城に到着する。駅から最も近い"SUNPU博89"の会場入り口は、3月に完成したばかりの巽櫓となっている。

 

入場、"SUNPU博89"会場内の特設ステージ前の座席の最前列を確保した。
その後、しばし、会場内を散策する。
静岡県出身者が紹介されているコーナーの中に、佐野女史の名前を見つけた。

 

本日は、"SBS歌謡ベストテン"の公開生放送なので、音合わせを見越して、12時30分より少し前に特設ステージ前へと戻った。

 

"SBS歌謡ベストテン"の公開生放送に参加するのは、1988年8月21日以来である。

 

13時に放送が開始された。
本日の出演者は、佐野女史の他、少女隊の3人である。
"SBS歌謡ベストテン"では、出演者が揃うのは番組開始時と終了時のみで、他の時間帯は、司会の二人のアナウンサーと出演者1名(組)のみが舞台上にいるという状態となる。

 

本日は、佐野女史が最初の出演者であった。
「EVERLANDへようこそ」
のイントロが流れだし、佐野女史の持ち時間が始まる。
ほっかほっか亭から"ミソカツ弁当"が出るというM.C.などがあり、佐野女史の時間が終了した。

 

さて、次は少女隊の時間だ、というときに、佐野女史のマネージャーの鈴木氏が、番組スタッフに挨拶をしているのが見えた。佐野女史は番組終了前に帰るのかもしれない、ということで、最前列に陣取った佐野女史のおっかけ一同は、一斉に撤収をし、静岡駅へと向かうこととなってしまった。
少女隊には申し訳ないことをしたが、少女隊ファンの方々がきっと最前列を埋めてくれるだろう。

 

静岡駅で待つこと1時間程、佐野女史がやってきた。
静岡まで自家用車で来た組は、駅で佐野女史を見送り。
小生ら電車組は、新幹線に乗車する。なお、小生は途中駅で下車し、佐野女史を見送った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年4月 1日 (月)

1989年4月1日

本日は"静岡第一テレビ"の公開生放送番組"JanJanサタデー"観覧のため、浜松までやって来た小生。

 

本日の"JanJanサタデー"は、"サ~ラシティ浜松"からの放送となっている。"サーラシティ浜松"でなく"サ~ラシティ浜松"と表記するようである。

 

"サ~ラシティ浜松"は、浜松駅南口から徒歩5分ほどにある施設で。

 

 

本日のゲストは、佐野量子女史と、岡本南女史。
小生が会場に到着した頃には、舞台前に並べられた200人程の座席の半分以上は埋まっていた。

 

17時10分、司会のラサール石井氏、小森まなみ女史、きすみかなこ女史が登場し放送開始となった。
続いて佐野女史と岡本女史が登場。

 

コマーシャル開けは:"'89ミスサ~ラシティコンテスト"の2次審査の結果の発表。
発表した番号が、舞台上の候補者が付けていた番号札と違っていたというハプニングがあった。

 

"サ~ラシティ浜松"の紹介。
"サーラ"は
space art living amenity
とのこと。
プール、テニスコート、アスレチックジム、ポディソニックスタジオ、ジョギングスペース、ゴルフスペースなどのスポーツ施設の他、食堂街、カルチャークラブなどがあるそうである。

 

ここでコマーシャルに入り、コマーシャル開けが、"Janサタ トップ10"のコーナー。
順位は、
第10位 ロコモーション・ドリーム 田村英里子
第9位 桜桃記~ひとひら~ 小川範子
第8位 激愛 長渕剛
第7位 Room チェッカーズ
第6位 NEVERLAND 浅香唯
第5位 地球をさがして 光GENJI
第4位 RUNNER BAKUFU-SLUMP
第3位 TIME ZONE 男闘呼組
第2位 TM NETWORK JUST ONE VICTORY
第1位 涙をみせないで Wink
であった。
Winkは来週のJan Janサタデーのゲストだそうである。

 

引き続き、"Janサタ ビデオトップ10"のコーナーとなり、まずランキング発表。
第10位 異人たちとの夏 SHV
第9位 ヒドゥン CBS/FOX
第8位 プリズン CICビクター
第7位 ビッグ・ビジネス バンダイ
第6位 クロコダイル・ダンディー2 CICビクター
第5位 ウィロー RCA
第4位 スペース・ボール MGM
第3位 さよならゲーム RCA
第2位 プレシディオの男たち CICビクター
第1位 レッド・ブル 東和

 

その後、第10位『異人たちとの夏』の紹介。
新作ビデオ『ポルターガイスト3』の紹介。

 

 

ビデオの紹介が終わると、岡本南女史が舞台上に登場。
岡本女史はスポーツは不得意で、ハードルは、飛ばないで持って走ってしまう。
部活動は、中学のときに、ハンドボール部とバスケットボール部だったがレギュラーメンバーにはなれなかったとのことであった。

 

そして岡本女史が「DON-MAI」を歌唱。

 

 

 

歌の後コマーシャルが入り、コマーシャル開けは、"マリオ中村のスーパー裏技英会話"のコーナー。
"マリオ中村のスーパー裏技英会話"のコーナー終了後、再びコマーシャルとなった。

 

 

コマーシャル開けに、"'89ミスサ~ラシティコンテスト"の結果発表。
まずは、純ミスの2名の発表。伊藤由美子女史、小澤法子女史の2名が選ばれた。
その後、 ミスサ~ラーシティの発表。川島史子女史が選ばれ、インタビューき後、コマーシャルに入った。

 

コマーシャル開けに佐野女史が、「さよならが聞こえない」を歌唱。

 

 

引き続きインタビュー。
佐野女史は、本日沖縄から静岡入りしたそうである。

 

 

佐野女史が歌唱が終了しそのまま"テレホンクイズ"のコーナー。エンディング。番組終了となった。

 

 

番組終了後、浜松駅に移動、新幹線に乗車。
東京駅で佐野女史一行を見送り、小生は蒲田へ移動、大田区多摩川に宿泊した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧